RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

『答え』よりも『問い』

クーリエ・ジャポンという世界の1500メディアから記事を厳選して届けている雑誌を
最近は毎月購読し始めた。
今月は世界に通用する「教養」を身につけよう。というテーマ。
教養のある人は世界でも活躍できるというけど
そもそも教養って何だろうか?
国によって様々だと思うけど、一つ書かれていたのは
「学術的な『知』を生活と結びつけて活用する能力」
いかに学ぶべきか?
それは死ぬ時に「これを学んでおいて良かった」と真の意味で人生を豊かにしてくれるものであるそうだ。
そうであれば、自分の人生において
どのように在りたいのか
そのように在るためには、何が欠けているのかを知る必要がある。
この時にすぐに答えはでるものではないし、誰から答えを貰えるものでもない。
その時に欲しいものは極上の問いだと思う。
もっといろんな世界を自分の目で見て考えて、疑問を抱き、これじゃないと更に深く追及していく。
その過程でいくつもの問いを見つけていきたい。
そして後輩たちには答えではなく、問いを届けていきたいと思う。
kyouyou.jpg

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ