RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

あそぱくニコゼミ博覧会』に参加してきました!

『ニコゼミ2018、最小で最大のコミュニケーションに出逢う!あそぱくニコゼミ博覧会』に参加してきました!

ニコゼミっていうのは、NPO法人ニコちゃんの会が主催する講座です。

重い病気や障がいのある子どもと関わる機会の少ない人を対象とした、コミュニケーションを学んだり考えたり感じたりできる内容となっていて大学生や社会人など幅広い年齢の方が参加されていました。

まぜこぜになっていっしょにあそぼう

まぜこぜになって一緒にあそべる空間。

ゼミ生はそんな空間づくりを特性を知りながら、1年間という時間を試行錯誤しながら作ってきています。

一緒に遊ぶというのは、どちらかが遠慮してしまうような状態ではなく、どちらも楽しめる状態です。

果たしてどんな遊びを考えたのでしょうか?

一つは受講生が考えた、シャボン玉の中を疑似体験できるトンネル。

大きなシャボン玉の中に入ったような感覚で楽しんでもらう企画でした。

なかに入ると色だけでなく、鈴の入った風船を触って音を楽しんだりできます。

また大きめに作ってあるだけでなくトンネル上にまでしっかり色が散りばめられているのは、上を向くことが多いバギーの子にも楽しんでもらうためです。

その他にも触って鳴らして光をつけたり五感を楽しむ迷路。

色のついた水が入った水風船を落として割って、花火に見立てた色水アートをするブースなど遊び心満載で楽しめました。

一緒に作り上げていく空間がすごく好きでした。

このような空間がいつか街のなかに散りばめられていくといいなって思います。

皆さんだったら、どんな遊びを考えますか?

きっといろんな人のアイデアや行動がそれぞれが好きだと思える街にしていくのでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ