RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

どうしたら本嫌いな人に本を読んでもらうか?

論語勉強会でお世話になっている方から紹介して頂いた

【「本の未来をつくる仕事」「仕事の未来をつくる本」】という両A面の本を読んだ。

著者である内沼晋太郎氏の携わってきたプロジェクトと、

本に関わる様々なトピックが書かれていたもの。

読書好きの僕には面白い内容だったし、彼の仕事に関する考えも好きだった。

ここでこの本で紹介されていた2つの本屋さんを紹介したいと思う。

1つ目は「彼女は本が嫌い」というお店。

本嫌いのための本屋さん。

「どうしら本嫌いな人に本を楽しんで読んでもらうか」

「友達に薦められた一冊の本を読んで本好きになったきっかけが多いのではないか?」

顔写真の主と購入者にそれぞれURLを公開した。

なんだかわからない本を、勝手に友達に薦められた本。

当初は「かわいい女の子とかから売れていくだろう」と予測していた。

しかし予想に反してバランスよく売れていったという。

2つ目は〈HANSEL&GRETEL〉というお店。

「世界中を旅してきた魔女が、子どもにとおて生涯記憶に残るような品々を集めてきた」

店内の什器もオリジナルにこだわって世界観が作られている。

匂いや壁の色などこだわりがすごい。

2つの本屋だけでなく僕が紹介された全て本屋に共通していると感じたのは、

コンセプトがあって、

本好きではなくても、面白いということだ。これはあくまでも僕の価値観。

ただ本でけでなく、スポーツにしても好きになるかどうかは最初の出会い方は大事だと思う。

面白さが必要なのではないだろうか?そしてコンセプトがある方がいい。

エンターテインメント性は必要なのかもしれない。

問題はその面白さをどのように伝えるかである。

内沼氏はお子さんを持ったお母さんたちから

「子供を本好きにするにはどうしたらいいか」

とよく質問されるらしい。

その時の答えは、

「まずは自分自身が子供の前で面白そうに本ばっかり読んで、かつ子供には全く薦めない」

その答えを聞いて、まずは自らが楽しむことが大切なんだと思った。

そしたら仕事だってそうだ。

「子供に仕事が楽しいものと思ってもらうためには」

って聞かれたら。

「まずは自分自身が子供の前で楽しそうにしてみる。なんでそんなに楽しそうなん?」

って思ってもらえるぐらいに、まず自分が困難があっても人生を常に楽しみ倒すことだ。

面白くないことで必要なことは強制しなければならないけど、

本来面白いものは見せつけてじらすほうが良い。

僕は本と出会って人との共通の話題もできたし、

世界拡がったし、そこから行動が生まれた。

自分一人だけの人生じゃ成しえない沢山の人の人生や考え方と触れることができて、

時間を超えて

なんか儲けた気がする。

違和感を感じる本からは自分がどのような考え方を持った人間なのか知れるし、

まだまだ知らないことばかりだと気づかせてくれる。

だからこれからも本を読み続けるだろう。

本は無理やり読んでもらうものではないけど、読まず嫌いをしている方には出会って欲しい。

そんな本との出会いの機会を福岡で増やしていけたらと思う。
本

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ