RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

プライスとバリュー

プライスとバリューは違う。
商品を安ければ商品が売れる確率は上がる。
これはもし同じ商品が他よりも安ければ誰でもできる。
しかし、逆に同じ商品でも価値を売ると考えるとどうだろうか?
そうなった時に売れるのは難しいことだ。
商品が売れる時ってどんなときだろうか?
ほぼ100%の人が顧客となって何かを購入する。
つまり売る目線から買う目線に立って、どんな時に商品を買うかを考えると答えが見えてくるかもしれない。
商品を買うときに衝動買いするときは、ブランドだ。
例えば僕はポールスミスが好きだ。
ブランドとはつまり信頼であったり、デザインであったりする。
破れたりしないし、頑丈で不安がない。
逆にノーブランドでほんとにデザインが良くて気に入る以外にはない。
じゃあ、その他に商品を買う時ってどんな時だろうか?
それは口コミかもしれない。
最終的には自分の目で確かめてっという例が多いが、
本は多読家で見識の深い寺田さんがオススメしたものは大体即購入する。
それは未来を考えたうえできっと役に立つと思ってしまうし、
寺田さんご本人が時期を考えて選ばれている本で、今購入することがベストだと思うからだ。
ニーズを把握したうえでの提案が必要なのだと思う。
他に購入する時ってどんな時だろうか?
安さもたしかに必要なのかもしれない。
でもその商品がどのような想いで作られたかを知り、購買の動機を自覚している商品は大切にするし、
もう一度購入したいと思う。
例えば大阪にあるTRUCKという家具屋さん。
材料に拘り、何よりストーリーが好きだ。情熱もあるし、何よりものつくりを愛しているということを感じる。
自分の商品はどうだろうか?
相手は必要なはずだと思っているだろうか?お客様の事実と向き合えているだろうか?
私の商品と出会うことでどのような状態になるのだろうか?
関連付けもそうだけど、お客様一人ひとりに合わせたご提案をしていくことが求められるような気がする。
僕にとっては何回目かの営業だとしても、
お客様にとっては初めての買い物なのだから。
お客様のことを親身になって未来がちょっとでもプラスに働くイメージを持っていくこと。
そしてその場だけでなく、それから始まる関係を考えていくようにすること。
どこにも載ってある無料の情報ではなく、
載っていない価値あるものを提供できるように努力を怠らないようにすることを考えていかなければならない。
それはすぐに結果がでるものではないのだから、地道にやるしかない。
初心を忘れずにやっていきます。
価値

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ