RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

一年ぶりの知覧

先週末に鹿児島へ行ってきた。
朝勉強会の仲間が鹿児島出張になっているから会いに行った。
でも実は去年は一人でも行った。
高千穂、熊本の石段数が日本一のと行ったあとに、鹿児島の指宿、枕崎、天文館へも行った。
ハードスケジュールだけど、充実感はすごくて旅っていいものだなーって思う。
その中でも、去年も今年も行った場所がある。
それは知覧の特攻隊記念館だ。
戦時中、カミカゼといって海外から恐れられた兵器があった。
それは生身の人間が捨て身で大型船に突撃するというものだ。
記念館には、その人達が飛び立つ前に家族へ手紙が保管してあった。
僕とほとんど歳が変わらない人たちが、家族や日本のために飛び立つ前に
達筆な文章を残されていた。
去年その言葉に触れた時、僕は今のままではいけないと思った。
自分が生き残ることしか考えてなくて、周りの人のことなんて考えていなかった。
自分の命に変えて後世のことを祈った人達に顔向けできないと思った。
今ある命をどのように使うか?って考えたときに使命って言葉に出会った。
僕の使命は福祉の分野にあるのだと思った。
変えなければならない現状があるから。
今回の旅は再度自分の道を確認した。
きっと簡単な道ではない。
それでも決めたことだから、
やるしかない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ