RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

日本代表応援で初めてパブリックビューイング!ドログバという選手って何者ってなった後半戦

おはようございます!

にわか応援団の中尾です。

 

昨日より始まったW杯の応援も、あんまりサッカー詳しくないですが、

応援にいってきました。

10時キックオフであるにも関わらず親不孝通りの近くにあるバーに着いたのは9時50分。

会場は日本代表のユニフォームを着て、

試合が始まるのを心待ちにしている人たちで埋め尽くされていました。

 

20140616060929

 

ブラジルではテレビで観てもわかるぐらい大雨が降っており、

中尾の心の中はどんな試合になるのか期待と不安が入り混じった状態でした。

試合が始まると早速、幾つかのチャンスが巡ってきたり、

相手に攻められて危ない場面も幾つかありました。

そのたびに

『おーーー!』

『わーーー!』

『あーーー!』

など様々な声が会場に響き渡りました。

試合が始まって20分ぐらいだったと思いますが、本田にボールが渡り

そして強烈でキレイなシュートが決まりました。

スポーツは自分でしなければ面白くないものだと思っていましたが、

決まった瞬間に会場で喜びを分かち合うことができて、応援すごくいい!と気持ちが変わりました。

多分、家で一人で観戦していてもあんなに喜ぶってことはないぐらい喜んだと思います。

なんか今日の試合勝てるんじゃない?ってその時は思っていました。

 

ドログバって何者?

ただ、後半に突入し、相手チームのある選手が投入されて雰囲気ががらっと変わりました。

主要選手がボールを持ってもあまり周りは動かないなーーって思っていたのに、

ドログバが入って、イキイキとし始めてあように感じたのです。

そしてすぐ右サイドから攻められ1点を決められて

2分後また右サイドから攻めれれて1点を奪われてしまいました。

試合は結局ひっくり返すことができずに1-2で敗北。

一人の選手があの広いサッカーフィールドに影響力をもたらしたという事実に

敵ながらもすごいなと思いました。

僕は専門家でもなんでもないのでわからないのですが、

最初から投入していなかったのには理由ががあって采配あっての勝利だったのかもしれませんね。

 

最後に相手チームがケガを訴えて時間稼ぎをしようとしたのは

あまりいいものとは思えませんでした。

だけどなんとしても勝ちたいという気持ちはわかなくもない変な気持ちでした。

本当に強いチームはそんなことしないだろうと考えるけど、

けど国のために前に進まなければという背負っているものがあると

普段とは違う何かが襲いかかるのかもしれませんね。

なんにせよ次のギリシャ戦に期待です。

a0001_009755

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ