RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

自分の書いた記事を読んでもらう術 アクション編

さて、前回は自分が書いた文章を読んでもらうためには、

人の動機にヒントがあるという話を進めていきました。

 

人の行動には動機があり、その動機は創り出せます。

 

読み手の読む気を引き出す文章の書き方

相手に文章を読みたい!!と思わせる為には文章の末尾ではなく、

 

文章の文頭。つまり書き出しにかかっています。

 

この時に考えなければならないのは「読み手から見た時に、これを読むときの動機は何だろう」ということです。

また、どんな人に読んで欲しい人を自分の中でイメージする必要もあります。

文章内容も大切ですが、もちろんアナウンスにおいてはタイトルも重要だということもお忘れなく。

ではどのような文章が必要なのだろうでしょうか?

思考

1、効能を示す

読み手が読むことでどうなるのかを示します。それも端的に。

どのような場面で、どのような時に役に立つのか。

また即効性のあるものは人の目に留まりやすいです。

例)PCの簡易テクニック。これを読めば、今日から60分の作業が30分に短縮できます!ect・・・

 

2、相手にとって切実。身近な話題とリンクさせる

今、相手にとって切実なことは何か考え、自分の書こうとしている内容を考える。

まず相手にとって切実な話題から書き、その後自分の話題を切り込んでいきましょう。

 

3、タイムリーな話題とリンクさせる

まさに、その時タイムリーな話題を考えて、その後自分の話にリンクさせていきます。

相手に届ける方法がわかれば、どのような情報を収集すべきかは自ずとわかるはずです。

では、この3つの例を基に自分で文章を作成してみましょう。

えんぴつ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ