RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

自分の書いた記事を読んでもらう術 導入編

自分の記事をどのやったら最後まで読んでもらえるのでしょうか?

残念ながら良い記事だとしても読んでもらえるとは限りません。

皆さん、こんにちは。中尾です!

PCの前に座り続けて目は疲れてませんか?

適度に休憩を取ながら頑張っていきましょう!!

さて本題です。

◆情報社会で自分はどのように戦うか?◆

ここ何年かで新聞やテレビだけでなく、

今の世の中ではツイッターやフェイスブックなどのSNSでも情報が発信されています。

この情報が溢れている中で自分欲しい情報は何でしょうか?

また、自分が書いた記事を最後まで読んでもらう確率は、果たしてどのくらいあるのでしょうか?

データ

今回は情報収集ではなく、得た情報をどのように発信するか考えていきましょう。

ここで考えるべきことはどのような時に人は行動を起こすか

 

人の行動には大抵動機があります。

 

映画を観る時。

旅行に行くとき。

向かう動機がなければ行動は起こさないのです。

つまり相手に動機を呼び起こせば良いのです。

読み手は全部読んで良し悪しを決めるのではなくて、

ぱっと見た瞬間に良い悪しを判断します。

この「読みたい」という感情を抱かせることができれば最後まで読んでもらえます。

ではどうすれば良いのでしょうか?

後半へつづく
かぼちゃ

『伝わる・揺さぶる!文章を書く』一部抜粋

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ