RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

1日3つのすゝめ

皆さん、こんにちは!
今日から中尾の思いつきで毎日朝礼で雑誌や新聞やセミナーの内容で気づいとことを
話す時間を頂くことになりました。相手に何を届けるか?
自己満足では終わらない時間にしていきたいと思います。
さて、昨日は仕事が終わった後に天神で2時間ほどお世話になっている経営者の方とお話させて頂きました。
一度アドバイスしたことで2度言ってもし変わらなければ、
その相手とは付き合わないというMYルールを持っている方で
なんとしても背中を追いかけていたい憧れの先輩です。
今回も幾つも気づきを頂いたので、その中での気づきを一つ共有したいと思います。
前回ブログでもアップしましたが、私は毎日手帳に予定と実績を記入しています。
ただ、その時に失敗したところに関して書くことができていないので改善できていない気がしていました。
そのことについてお話したところ「今はそれでいいと思うよ」という言葉を頂きました。
日本の教育は欠点にも力を入れようという特徴が他国と比較しても傾向としてあるようです。
例えば英語が得意だけど数学が苦手な学生に数学を勉強する時間に抽出させようとする。
そうすると平均的になる、もしくはどちらも対したことのない能力になってしまう場合も高いような気がします。
また苦手な事に向き合い続けるとモチベーションも下がりますよね。
その言葉を聞いた時に、
他人に不快な気持ちをさせたり、迷惑をかけたりすること、お叱りをもらった時
やはり素直に受け止めて、反省して変わらなければならないけれど、
プラスの面に目を向けていく記録はこれからも続けていこうと思いました。
僕が自分のことで良いなーっと感じる部分は伸ばしていきたいと思いました。
その話をしていて気づいたのですが、
7月から僕が続けているHAPPY NOTEという
日々の幸せや気づきを3つ綴るアプリで
途中さぼったりしたけど186日記録していました。
月平均は18日と3分の2も記録していませんでしたし、
その内容も○○の映画を観て感動した!!など簡単なものもあります。
ただ、186日×3つ=558
10か月の間で最低でも558つの幸せを僕は感じていたことに気づけました。
読み返してみると、
幸せには他者がいて
幸せには感謝の気持ちが含まれているのだと気づけました。
過去の気づきから今にかけて半歩でも前に進んでいるように思えました。
自信がちょっぴり出ました。
僕がなぜ幸せなのか、この1日3つの記録から気づかせてもらいました。
案外記録していない日の小さな小さな幸せは思い出せないものです。
実は今朝も幸せなが一つありました。
僕が瀬古利彦さんのことが好きだと言っていたことを職場のスタッフの方が覚えていてくれて、
ある新聞のスポーツ随想のコーナーに書かれていた瀬古さんの記事を切り取って持ってきて下さいました。
本当に有難いし、そんなスタッフと働けている今に嬉しく思い、頑張りたいと思いました。
シンプルかつ簡単な記録ですが、積み重ねると自分にとって大きな財産になっています。
そしてその宝物をこれからも日々のありふれた日常から見つけていきたい!そう思っています。
皆さんは今日小さな幸せを見つけましたか?
「1日3つ、日々の小さな幸せや気づきを記録することのすゝめ」でした。
幸せ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ