RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

2/6にねんパラピック沢山の方に支えられて無事開催できました

20160211103405

始まりがあれば終わりもある。

2/6にねんパラピック無事終わりを迎えた。

準備には半年かけたけど
当日はあっという間に終わった。

筑前りょう太さんや、フクオカリバー
忍者やゆるきゃらなどなど

当初予定していたよりも
もっとスケールの大きいものとなった。

選手は40名弱、
ボランティアスタッフは30名弱。

こんなにも多くの人に集まってもらえるなんて
夢のようだった。

選手は6チームにわかれ
対抗戦で優勝を目指した。

2月ということで寒かったから
怪我につながりやすいなか無事大きな怪我のなかった。

嬉しかったのは
参加者の方の声と笑顔だ。

次もあったら参加したい。

こういう場があったらいいなって思っていた。

などなど、これまでの苦労が一気に吹っ飛ぶような言葉をもらった。

また競技中にあがる歓声や笑顔に心が和んだ。

少し振り返ると

ボッチャ・フライングディスク
卓球バレーそしてユニバーサルリレー。

どの種目も自分自身が半年前には
一度もやったことのないものばかり。

だからこそ、自分で体験して面白さを感じて
伝えたいと思った。

半年前のスタートは1名だった。

何をするかも決まっていなくて
それでも動いていかなければならなかった。

やる意味なんてあるの?

そんな質問をよくされたのを覚えている。

クラウドファンディングでは
何度も心が折れかけた。

自分も同じようにやる意味を
何度も何度も問いなおした。

徐々にスタッフが集まってきたときに
ようやく種目を決めた。

何をしたいのかさっぱりわからない。

この言葉に対してやることは一つ。

種目を決めて、時間や場所を決めること。

高齢者の年齢は?障がいの度合いは?

などあらゆる質問に対して決断していった。

あとは、足で動いて知ってもらった。

また書類も沢山つくった。

これまでこんなに作ったことがなかったけど
とにかく見よう見まねで作成してはやり直した。

自分が立ち止まっていては何も進まなかったから。

メディアにも取り上げられる

jcomさんで放送された。

卓球バレーの様子などの臨場感や
楽しい雰囲気が伝わってきたみたい。

これまであまり知られていなかったけど
みんなで出来て楽しめるスポーツが知られるのは嬉しいことだ。

J:COM 11ch 『デイリーニュース』で
11:00に生放送があり
19:00、22:00、24:30(再放送)も流れた。

次回は来年の春あたりに開催したいと思っている。

これから開催に向けて動いたこと。

うまくいったことも
うまくいかなかったことも

綴っていきたいと思う。

12674543_945592715508897_135362286_n

4 Responses to “2/6にねんパラピック沢山の方に支えられて無事開催できました”

  1. […] 2/6にねんパラピック沢山の方に支えられて無事開催できました | RUNNERS HIGH … […]

  2. […] ねんパラピックで、僕も誰もが楽しめる種目を作ろうとしたので感じるのですが […]

  3. […] 支援したいと思ったのは、僕も「ねんパラピック」を開催する時に […]

  4. […] 支援したいと思ったのは、僕も「ねんパラピック」を開催する時に […]

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ