RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

2015年を振り返る!プライベートで挑戦したこと編

前回の2015年の余暇編に引き続き

今回は仕事以外で挑戦したことを
思い出しながら
気づきをアウトプットしていく。

振り返ってみると
本当にいろんな方と出会い
様々なことに挑んでいた。

北九州マラソンに始まり

イノベーションスタジオ福岡
キャリアスクーププロジェクト2015
SHIFUKU

そして今も挑戦している
ねんパラピック。

たくさんのことを学ばさせてもらった。

皆さんにとって2015年はどのような年だっただろうか?

良い年だったとしても
あまり上手くいかなかったとしても

過ぎ去ってしまえば
案外忘れていることは多い。

より価値あるものとするためにも
ぜひ振り返ってみる。

ちょいと早いけど2015年の余暇を振り返る!アメトークを意識した企画ほぼ実現したよ@中尾ファミリー

73364

 

北九州マラソン2015

こんなに苦しいマラソンは初めてだった。

左膝も右膝もボロボロの状態だった。

門司港では吹雪と遭遇した。

それでも昨年は惜しくも途中リタイアした
北九州マラソンにリベンジを果たす。

意地でもゴールしたかったのは
今、ここで心が折れたとしたら
次もどこかで逃げることになりそうだったから。

ゴールして久々に泣いた。

僕はよくマラソンって何が面白いの?
ってよく聞かれる。

まだまだ一言で言い表せないけど

頑張れば結果が出るところとか
足と呼吸が一緒になる瞬間とか

最近は走ることを通じて
いろんな方と知り合えるのもいい。

自分が好きなことをこれからも追求していきたい。

ずっと続けるからこそ見えてくるものがあるから。

来年も北九州を走る。

自分の足で見る景色は好きだなんだと
改めて感じた。

北九州マラソンにリベンジ!自分とたたかい続けた42.195kmの軌跡。

20151226073815

 

イノベーションスタジオ福岡

イノベーションスタジオ福岡に
3ヶ月という期間参加した。

多様なバックグラウンドを持った人たちが集まり
ビジネスという切り口で新しい未来を創造していくためのプロジェクト。

ライフコース
つまり
生活の中にイノベーションを起こそう!
というテーマに40名が集まった。

またまた突き抜けている凄い人たちが集まった。

イントロダクションが終了して
僕のチームが挑んだテーマは

『中途障がいの方がどのようにすれば
立ち直ることができるだろうか?』

ライフピポッドというチームで名でのスタートした。

いつどこで自分自身に事故などで
何か一つ自分にとってハンディができるかわからない。

そのような状態になったときに
何が自分自身を助けてくれるのだろうか?
という些細な問いから始まった。

バスケットのピボッドのように
ある軸を起点として方向性を変えていくことで
復帰できるのはないかという仮説からだ。

インタビュー活動

エクストリームユーザーといって

突き抜けた人にインタビューをしていき
社会復帰には何が妨げになっているのか?

誰がキーパーソンとなるのか?
家族?支援者?それとも友人?

という問いを立てながら挑んだ。

頭がちぎれそうになるくらい考えたし
喉がカラカラになるぐらい議論した。

寝不足な日々もつづく。

ただ、一つのテーマに対して
4名の方にインタビューして
深めていく時間は新鮮だった。

イノベーションスタジオを通じて幾つもの学びがあった。

課題が何かを見つけ
どのように立ち向かえばいいのか教えてもらった。

才能や可能性を見つけ出し引き出す!信じて待つことの大切さとは?『NPO法人コミュニケーション・アート』代表、城戸佐和子

20151226073802

 

キャリアスクーププロジェクト2015

イノベーション福岡に続き
3ヶ月のプロジェクトに挑んだ。

キャリアスクーププロジェクト
通称キャリスク。

仕事人に「ドラマ」あり。をテーマに、地域の中小企業やベンチャー企業・NPOなどで活躍する方々を取材。
学生たちが自ら、地域で輝きを放つ生き方・仕事や組織の魅力を発掘し、専用WEBサイト『CREREA』で情報発信をする3カ月間の中期実践型インターンシップ。

今年も社会人メンターというポジションで
大学生をサポートしていった。

人が変わると雰囲気も
全く違うものとなるのだと思った。

自主性を尊重しようと思って信じて待つけれど
なかなか自分が思うようにいかず。

きっとまだまだ自分に何かが立ちなかったのだと思う。

5名いたチームの学生が最終的には3名となった。

それでも残った学生が3ヶ月間とは違う
みんなの前で堂々と話せる姿になっていた。

その姿を見て、自分ごとのように嬉しく感じた。

終わったあとは、打ち上げであんみつ姫にいった。

今後も関わっていきたいと思っている。

今年の夏も熱くなる予感しかしない!2015年キャリアスクールプロジェクト始動@天神

2015年キャリスクを振り返る。WooDeepと駆け抜けた3ヶ月。伴走者としての在り方とは?

20151226073948

 

SHIFUKU

昨年から関わり始めたコミュニティで
なぜだかいま、代表になっている。

月に一度ペースで福祉の問題に立ち向かうべく
ワークショップを開催している。

毎回福祉関連のゲストをお呼びして
テーマを深めていった。

最初は10人満たなかった参加者が
最近ではかなり多人数となってきた。

沢山の課題と出会うことで共通点も見えてくる。

今年はとにかく続けていくことを目的としてきたが
来年は次のフェーズに移れたらと思っている。

うち生まれたことが罪なんよ。子ども達にこんなことは言わせない世の中にするためにできることとは?第8弾SHI・FUKU

難病患者に起きている就労問題とその解決方法

あなたにとってのGOOD DESIGNはどんなデザイン?ふれあいの部屋の在り方から良いデザインとは何か考える

20151226073846

 

ねんパラピック

今も継続して活動中のプロジェクト。

5月12日から40日間で36万円をクラウドファンディング集める
ねんパラピックを実現するということに挑んだ。

これまでにこんなに長期のプロジェクトを
自分が代表として携わるのは初めての経験。

正直、苦しいときも沢山ある。

今やっていることは自己満足なんじゃないかって
心の中で葛藤もあった。

だけど、最初は一人だったプロジェクトが
今は何人もの人と議論を重ね作り上げている。

60名から38万円の支援金をいただいた。

いくつもの優しさに触れたのだ。

これからが正念場。

ねんパラピックについて

20151225062709

 

総評

振り返ってみると
それぞれの挑戦はバラバラのように思えてつながっていた。

そこで得た学びを生かして
ちょっとだけ成長した自分で挑めているから
発想が生まれたり
協力者を求めることもできる。

一人でできることなんてほとんどない。

いろんな人からもらったコトやモノは山のようにある。

だけど自分で動き始めないと何もということも知った。

来年は培ったものを存分にアウトプットしていきたいと思う。

来年も走り続けますよ〜

ということもで来年も宜しくお願いします。

20151226075521

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ