RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

2016年の自分と対話。リフレクションカードを使って振り返ってみました

2016年が今、終わろうとしています。

毎年、年末になるときに棚卸をする方も多いのではないでしょうか?

私もその一人です。

年に4回はリュックサックリフレクションという企画で振り返りを数名としていますが

今回は、カフェでひとり思いを巡らせています。

振り返る時に重要なのは問いです。

この問いはどのように用意したのか。

実はリフレクションカードというものがありまして、

そのカードがいろんな問いをくれるのです。

今回は私の場合は、その問いをいくつか紹介すると共に

私が振り返った内容を赤裸々に綴っていきます。

201506300509441-1024x768

問いの紹介

まずは一部の問いを紹介していますね。

・今年、チャレンジできなかったことは?

・世の中で変革したいことは?

・心から没頭できたことは?

・最近レベルアップしたと思うことは?

皆さんだったらどのように答えますか?

今回はこちらから3つのみ私の事例を紹介します。

今年チャレンジできなかったことは?

一つの物事をずっと丁寧に続けること。

新しいチャレンジはいくつもあって刺激的だったけど

その興味に引きずられてしまい、

継続しようと思ったのに辞めてしまっていた。

『二兎を追う者は一兎をも得ず』ということわざがある。

この言葉はすごく的を得ている。

中途半端でいくつもやっていると何も成さない。

原因は目標設定と計画立て。

振り返りはしていたけど、目標設定と計画立てが甘かった。

来年は月初めに目標再確認し、しっかりと週初めに計画を立てていきたい。

これを下記の記事を参考に仕組みに取り入れていきたい。

集中力の続かない人は「仕組み化」ができていない

世の中で変革したいことは?

人が生まれや環境によって可能性が阻まていること。

想いが溢れてきたので、別記事にしました。

心から没頭したことは?

結婚式の動画作り。

ねんパラピックの準備。

偉人講座の講演内容の作成。

母校の学生への講演内容の作成。

キャリスク。

共通点

他者がいること。

これまでやったことのない新しいチャレンジ。

最後に

振り返ってみると自分自身が何を大切にしているか?

どのようなことに興味があるか見えてきました。

振り返ったあとに大事なのは、次につなげること。

僕は来年は、一つのことを持続する仕組みづくりに挑戦し

変革したいことに対して、チャレンジしていきます。

PPG_anteli-kunatokei_TP_V

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ