RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

2016年下半期の余暇を振り返る!2017年はどんな年にしますか?

前回は2016年を振り返りました。

ねんパラピックという大きなイベントを終えて、

2016年を終えた気持ちでいましたが更に面白いイベントが待っていました。

このまま後半を振り返らずに今年を終えることもできますが後悔しそうなので最後に振り返ろうと思います。

2016年上半期の余暇を振り返る!今年もなんだかんだで結構思い出できました | RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

7月

津屋崎でBBQ

7月下旬に津屋崎へ。

BBQを満喫しました。

ビールがキンキンに冷えてうまい季節。

肉も最高でした。

金麦の縁についている色とりどりのアイテムが素敵でした。

img_0006

img_0007

その後は恒例のサプライズ。

7月誕生日だった友人を祝福しました。

ビーチフラッグなど一通り楽しんだあとはスイカ割り。

最後に津屋崎で天気がよければ見える大きな夕日で遊び

暑い夏を先取りした一日となりました。

来年は花火をせんばね〜。

img_0014

img_0008

8月

結婚式

8月下旬は結婚式を挙げました。

沢山の人たちに祝ってもらえた一日はあっという間でしたが今でも鮮明に覚えています。

準備は大変でしたが、やってよかったと思っています。

二次会では、友人たちに準備をしていただいてゲームなど盛り上げてもらいました。

参加者の人たちから

「二次会レベル高すぎ!」

とか

「すごく楽しい時間だったよ」

と言ってもらえてとてもうれしく感じました。

周りの人から支えられながら今、こうやって過ごせていることに感謝の気持ちでいっぱいな一日となりました。

14068209_1086361501432277_4443412797049567599_n

最後は二次会を盛り上げてもらったメンバーで三次会へ。

最後の最後まで思い出に残った幸せな一日でした。

14102648_1086361514765609_6402331768664736283_n

10月

ミステリーツアー

10月上旬に友人が企画してくれたのは熊本ミステリーツアー。

企画者以外は全くスケジュールを知らない状態で熊本へ行きました。

初めて刀削麺を体験。

麺を削って飛ばして、少し離れた場所にあるお湯が入った鍋に入れます。

img_0015

その技術の前に「すげーーーーー!」と何度言ったことか。

すごいのは麺を削って飛ばす技術だけではありません。

味も量も大満足でした。

汁なし担々麺の麺が太めのようなもので、辛めで食が進みました。

インターから離れている場所ですが、穴場ですよ。

img_0017

少しピリリとした美味しいランチを味わったあとは食材を購入したあと宿泊施設へ。

コテージか何かだと思っていたら古民家。

料理やお風呂など普段よりも準備する時間は掛かりましたが、とても豊かな時間を過ごせました。

古民家暮らしは手間暇かかるが役に立つ@八代 | RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

ソワニエ部と日本酒祭り

続いては食の企画。

ソワニエ部という雑誌をベースに美味しいお店で食を楽しもうという企画がスタートした。

記念すべき一回目は美野島の巴蜀で中華を楽しみました。

おいしいものを堪能、ソワニエ部の活動スタートしました!@美野島の巴蜀 | RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

その日の夜は西鉄ホールで開催されていた

「からだにうれしい食べもので、おいしい日本酒20種を飲み比べ♪」

テンサケマーケットに行ってきました。糸島の伊都安蔵里など地域の食材をつまみに田中六五さんなどなど美味しい西日本の日本酒を堪能しました。

日本に生まれてよかったーーーー!

お酒は人生を豊かにしますね。

14732211_1137287926339634_6984666045062582852_n

11月

英彦山を登る

まだまだ終わりません。

秋といえばスポーツの秋。

その秋を堪能すべく北九州の英彦山を登りました。

この日の山ごはんは、サツマイモご飯と豚汁。

14915400_1144741372260956_5687799868920041555_n

紅葉は山頂でしか見れませんでしたが

秋の訪れを感じることのできた良き1日となりました。

14732259_1144741375594289_2314176740857539249_n

12月

忘年会

忘年会は14名で鍋を楽しみました。

img_0013

最後はプレゼント交換もやってクリスマスも堪能しましたよ。

来年はどんな年になるのでしょうか?

今年もありがとうございました。

来年もよろしくお願いします。

img_0012

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ