RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

マラソン前に30キロ走をする理由

日本ラグビー、体格差もありながら押し負けない姿。

果敢に立ち向かっていくさまに触発されて30キロ走をしました。

場所は、駕与丁公園。一周4キロのコースをひたすら走りました。

マラソン前に30キロ走ると良いですよ!とアドバイスを受ける方は多いと思うのですが、なぜよいのでしょうか?

今回は、マラソン1ヶ月前に30キロを走る理由について紹介します。

マラソン向けの脚にしていくため

マラソンを走る時に、脚には体重の3倍ほどの負荷がかかると言われています。

この負荷を一度、体験しておくと耐性ができるのです。

私自身、30キロ走をした場合としていない場合のどちらもマラソンで体験しましたが全く気持ちも脚の負担も違いました。

事前に体験しておくと、自分がそのような状態になるということを頭ではなく体で知っているので、心の準備ができたのです。

そのため、マラソン本番で疲れがたまっても踏ん張ることができました。

無理は禁物

とはいえ、30キロ走をこれまであまり練習できていなかったのに走ると怪我につながります。

それまでの準備があったうえでの練習メニューになりますので、痛みを感じたら途中でやめるようにしましょう。

一ヶ月前に怪我をしてしまうと本番走ることができない可能性がでてきます。

30キロ走の手応え

ちなみに私自身、実際に30キロを走ってみて本番で想定しているペースよりも少し早い感じで走ることができました。

カーボローディングなしでも、だいぶ走れているような手応えを感じて自信になっています。

そして25キロからはやっぱり脚に疲れが溜まってくるってことも体感しました。

ここを如何に踏ん張れるかがサブスリーで走るうえで重要なんですよね。

あと残りで出来ることを書き出して、調整していきます!

マラソンに出場される皆さん、一緒にがんばりましょう!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ