RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

卒業から3年経って思ふこと

今日は母校(西南学院大学)の卒業式らしい。

 

つい3年前のこと。

当時は22歳だったんだ。

たった3年間だけど大きく環境も自分も変化した。

 

きっと他の人から見れば、今の自分の変化なんて

ちっぽけなものだけど、ちょっとずつ積み重ねてきたものがあると思っている。

今回は、卒業して3年記念ということで勝手に振り返ろうと思う。

 

PAK85_okuyukiarusakura20130323500

 

大学生の時と社会人はどっちが良かったか?

 

大学時代は自由だった。

お金はほとんどなかったけど、

行きたい時に学校に行って、

バイトして、

友人と話してと、部活してみたいな。

 

って、学生の時に何をしてたんだろうか?

授業は正直なところほどほどしか出ていなかった。

それなりに楽しかったけど、前に進んでいる感覚は3年生時代までなかった。

そんで就活の時に初めて将来について考えて、

やっと進み始めたっけな。

 

一番大きかったのが、その時に活動の中で取材サークルに入れたこと。

経営者の方や、個人でお仕事を作っていかれている方に出会ってかっこいいなーっと思った。

とにかく人と会いまくって学生イベント手伝って、

方向性は全く見えてなかったけど、とりあえず行動しまくったいた。

 

ゼミでも障がい者の方を雇用する会社を作るためには?

というテーマでいろんなことを調べるようになった。

 

そして社会人になった。

自分では最後の4年生の時は頑張っていたと思ったから、

仕事はなんとか楽しめるんじゃないかと思っていたけど、

失敗の連続。

それは今も変わんないんだけど、なかなか上手くいかない日々が続いている。

 

学生時代は学生の時なりの苦悩があったし、

社会人になってもそうだ。

 

結論どちらも良い。

比べる事はできないっす。

 

でも、あの学生時代に動き回っていなかったら今の組織には確実にいない。

何が欠けていても、同じ結果にはなっていなかったと思う。

 

学生の時は、『今の自分は進んでいない』

そう思っていたけど、ちょっとずつ何かを掴んでいたのかもしれない。

 

 

この先、また今という時間を振り返る時が来る。

 

 

その時に、誇りを持てるような自分自身だったと胸張っていえるようにしたい。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ