RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

コマツで生まれた。実践して習慣にしたい9つのこと

木曜日の夜に、友人のかじと
その友人と飲んだ。

場所は今泉のコマツ。

最近どうよ。

といういつもの感じからスタートして気づいたら3時間半。

光陰矢の如しはとのことを言うんだなと思った時間だった。

本当に楽しい時間だった。

酔っ払った状態でありながらも
その有意義だった時間を忘れまいと書いた。

そのevernoteに書き留めたメモを今まとめているというわけだ。

今回は断片的だけど備忘録的にまとめてみた。

完全に、お節介だけど

友人とその友人のためと自分のために。

20160227060129

 

実践して習慣にしたい9つのこと

では、前置きが長くなったけど紹介していく。

きっと「当たり前だよ、そんなの」
と思うだろうけど
案外できていないから。

1つでもいいから1ヶ月意識してやってみてください。

余裕を持つこと

ギリギリで動いていたら、
見落としをしてしまう。

また自己本位になりがちになる。
少し早めに行動しよう。

これはつい最近書いたのでこちらを参照。

余裕がある時に行動を

 

相手の状況に合わせた声をかけよう

今から宿題をしようと思っていた子どもに宿題はやった?
と尋ねてはやる気をそぐだけだ。

相手の状況を観察してから、
どのような声をかけるとやる気になるかを考えよう。

こちらも最近マラソンのラスト4キロ地点で観た言葉から感化された。

詳しくはこちら

最後の4キロ地点で響いた言葉

 

褒められたら受け止めよう

謙遜のつもりで褒められた時に
否定するとき損をしている気がする。

自分が気づいていない良い部分は
しっかりもらって
どのように誰かのために活かせるか考えよう。

わからなければ嬉しい。

ではどのように活かしていけますかね?
と図々しく聞いてみよう。

こちらは以前書いた中井さんの言葉を参照。

中井さんの言葉

 

集中(フォーカス)する

何でもかんでもできるほど時間は無限にあるわけではない。

自分が付き合う人使う時間も選んでいくことが人生を豊かにしてくれると思う。

今年の一年は何をやりたいの?という質問に対して一つ答えられたら十分だ。

その一つの物事を極めていこう。

気づいたらすごいパフォーマンスを発揮しているから。

 

やらないことを決めること

集中(フォーカス)に欠かせないこと。

それは、、

これまで自分が行動していたけど、
辞めるという選択をすること。

何かを始めることばかりが評価されるけど
辞めるという選択はさらに労力はいることだ。

固執せずに手放す勇気を持とう。

そのためには何に時間を使っているか考えていく必要がある。

案外自分がやらなくてもいいことかも。

リュックサックリフレクションを参考に。

 

一流に触れて感性を高めよう

相手を満足させるためにはまず自分が何が良いものなのかを知らなければならない。

その手間や相手への配慮がどこまでできるかによって相手の心が動くのだ。

少し高くても経験してみよう。

そして何を感じたか後で振り返ってみよう。

その経験が大きな財産になっているから。

 

天狗にならない

少しでも何か物事がうまくいくと
自分は他の人よりもすごいのではないかと錯覚してしまう。

その成功には自分だけの努力のように思えて
これまで指導してきてくれた先輩や環境があるからこそ出せたものは多いのだ。

他者と比較して優越を決めるのではなく
自分がどう在りたいのかを突き詰めていこう。

 

上質な質問を日々自分に問いかけよう

良い行動をできる人は良い問いをしている。

その問いをする人に共通しているのは観察だ。

相手に気づきを与えられ人はじっくり観察・分析をしているから良い問いを出せている。

良い問いとは何だろうか?

 

目標はちょっと高いぐらいがちょうどいい

ウルトラマラソンという100キロを走る大会に出た時に気づいたことがある。

それが高い目標を立てることの大切さだ。

100キロを走ると決めた人間は50キロが通過点でしかなかった。

「え!もう50キロ??」

というフルマラソンをゴールにしている人からすると有りえない体験をしたからだ。

何かやるなら一歩高い目標を立ててみよう。

すると、それまでの目標が通過点のように感じる可能性が高い。

さあ、次は何をやろうか?

 

最後に

もし最後まで読んでもらえたのであればありがとう。

自己満足となっているかもしれないけれど
経験をもとに語れるように
お互いチャレンジしていこう。

また美味しいお酒を飲める日を
楽しみにしているよ。

ちなみ下記の本は良い問いをくれる
オススメ本だー!

20160227061413

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ