RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

環境は自分が整えていくもの。野球を愛する川崎選手からのメッセージは人の心を動かす

後輩がFacebookにアップしている動画を見て感動した。

何の動画かというと元福岡ソフトバンクホークスで活躍していた

川崎選手がアメリカで今もなお挑戦している姿を映したものだ。

 

川崎選手の言葉はなぜ人の心を動かすのか?

感動したと同時に嫉妬さえ覚えた。

自分の人生にまっすぐ向き合っている。

言い訳は決してしない。

ただ純粋に好きなことを追い続けているのだ。

川崎選手の底抜けの明るさ

リーダーシップなどなど

自分が持っていなものをたくさん持っている。

友達も家族も側にはいなくて

決して良い環境とは言えないけれど。

そんな状況のなかでチームメイトもファンも川崎選手を愛している。

きっと心から楽しんでいる川崎選手の姿をみると

何かやってくれそうだ!という気持ちになるからだろう。

最初から持っていたものではなく

逆境に立ち向かうなかで身についたものなのかもしれない。

疲れた状態で家に帰宅してもまた野球。

かっこよすぎる。

shindo130810020967-thumb-autox1500-19447

 

環境は自分が整えるもの

環境は周りが整えてくれるものではなくて

自分が整えていくもの。

この言葉がすごく響いたのは

自分が言い訳ばかりしてその場をしのぎ続けているからだろう。

できないのではなくてやっていないだけだと思った。

まだまだやれることはいっぱいある。

今日は何ができるだろうか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ