RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

英単語帳を作って、やっている気になっていないか?

周りの人の行動を考えずに真似して、

あまり意味がなかったことがある。

それは、英単語帳作りだった。

英単語帳は作らなくても良かった。

これって何に繋がっているんだっけ?

英単語帳が完成して満足していた自分を

ほぼ日手帳に記されていた瀧本哲史さんの言葉から思い出した。

単語帳は自分で作らずに、買いました。単語帳って、作るのに時間がかかるので。

なんでもそうなんですが、なにか一生懸命やっているときには、失敗しているんです。

やっている気になっているだけで、本当にだいじなことをやっているわけじゃありません。

単語帳を作ることより、覚えることに時間を使いたいんです。

英単語を作っているとき、英単語帳を完成させることが目的になっていた。

それだけだと、テストで80点を獲得するという目標には全くたどり着けない。

やっている自分自身に陶酔しているだけだった。

英単語帳を、今つくることはない。

だけど、同じようにやっている気になるためにしていることって結構ある。

全体を把握していなかったがために起きる。

全体を俯瞰して始めよう

人生に意味のないことはないという言葉をよく耳にするけれど、無駄なことはある。

本当に辿り着きたいことがあるのであれば。

山も同じことが言える。

地図で全体を俯瞰して、どうすれば辿り着けるか登り方を把握する。

そして、どこが中間地点なのかを知り、いまどこにいるのかを確認しながら登る。

山頂にいつ辿り着くのか分からずに我武者羅に登るのは辛いから。

いつか辿り着くだろうで始めない。

英単語帳を何も考えもなく作り出すように。

時間がいくらでもあれば、別だけど時間は有限だから。

自分で予測を立てて、行動しよう。

いま、行動は何につながっていますか?

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ