RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

福岡天神ビブリオバトル!「縁」というテーマで開催しました

先日、ブログで告知していた知的書評合戦ビブリオバトルを開催しました。

その名も福岡天神ビブリオバトル。

天神大名にある、貸し会議室で本について目一杯語り合いました。

ビブリオバトルとは、本の紹介コミュニケーションゲーム。

発表者がおすすめする本の紹介を聞いて、みんなで一番読みたくなった本を決定します。

今回は、そのビブリオバトルのことを紹介します。

ビブリオバトルのルール

【公式ルール】に沿って開催いたします。

①発表参加者が読んで面白いと思った本を持って集まる。(今回は縁というテーマに沿って本を選んでいただきました)

②順番に一人5分間で本を紹介する。

③それぞれの発表の後に参加者全員でその発表に関するディスカッションを2~3分行う。

④全ての発表が終了した後に「どの本が一番読みたくなったか?」を基準とした投票を参加者全員で行い,最多票を集めたものを『チャンプ本』とする。

本を通じて人を知る

今回は5名の参加だったのですが、同じテーマでも選ばれてきた本は様々。

ビジネス書もあれば、絵本、小説もありました。

その本を選んだ背景やそこから得た気づきや考えたことなど、その人らしさが滲み出ていました。

読んだ本もありましたが、解説によってまた別の視点を得ることができた気がします。

またディスカッションタイムで発表したあとも、他の人の質問の力を借りて、その本を深めることができたのも良かった!

今回、はじめて主催&参加だったのですが、本について遠慮することなく語り合うことができて本当に楽しかったですよ。

次回のテーマ

今回のビブリオバトルが終了して、またやりましょーっという話になりましたので、2019年8月25日の16時から開催することになりました。

次回のテーマは「ルーツ」です。

みなさんがこのテーマで選んだ本を持ってぜひご参加ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ