RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

稼げていなくても絶望せずにブログを更新できている理由

ブログを継続して更新したいけど、続かない。。

更新しても誰も読んでもらえない。

これは、僕がブログを始めた時に抱えていた悩みです。

ブログには、アメブロやnoteのように無料で更新できるサービスもあります。

しかし、僕はWordPressというサービスを使っていて

サーバーにも月1500円ぐらい払っています。

なので何も更新しなければ、収益が上がるどころか負債ばかりが続くんですよね。

それでも僕は5年近く600記事弱のブログを更新し続けてきました。

先月においては、月30記事ほどアップ。

まだまだ収益はありませんが、更新してきてよかったと考えています。

今回は、なぜ収益もないのに絶望せずにブログを更新できたのか紹介します。

ブログを更新し続けたいけど、続かない方にとって参考になれば嬉しいです。

更新する習慣付けが先

僕が、先月更新することができた理由。

それは、ブログで稼いでいる人たちの共通の言葉に納得して実践すると決めたから。

その言葉は、

まずは更新する習慣をつけないとスタートラインにも立っていない。

ブログで第一線で活躍している方でイケダハヤトさんという方がいます。

その方の基準は今の僕からするとハードルが高い。

まだまだ3本書いて悲鳴をあげている僕が最初から目指す行為。

これは、フルマラソンを練習もなく走る行為に近いと感じました。

じゃあ、どうすればいいのか?

それは、ちょっとずつ忍耐力をつけていくことです。

収益を上げるためには、

サイトの閲覧数つまりPV(ページビュー)の数を上げていくことが求められます。

この数をアップさせるためには

①閲覧者の問題を解決するような質の高い内容の記事を書く

②更新頻度を上げる

という方法があります。

ただ、最初はどうしても1日20ぐらいしか見られません。

最終的には記事の質を高め、

そのPVの数をどうすれば上げられのか考えていく必要があります。

だけど、まずは更新頻度を維持することが大事なのです。

別の価値を見つける

あとは、稼ぐことだけにこだわらずに、別の価値を見つけることも一つです。

自分の専門性を高められる

例えば、自分の考えをアウトプットするという行為自体も価値があると僕は考えています。

最近は、人権に関する論文を書いていますが、

いきなり書くよりも複数の記事に分けて自分の考えを深めていくためにブログを活用しています。

Wordのみで書いてしまうと自分がわかる言葉で書き進めてしますのですが、

ブログだと読み手がいることを想定して分かりやすい言葉を選定する意識が生まれます。

そうすると、最終的にブログの内容を編集すればOK。

一つ書きたい大きなテーマが決まっていると、ガンガン書きたい小さなテーマを閃きます。

講演の準備を短縮できる

あとは、講演を頼まれた時に準備の時間を短縮できます。

それは、依頼された内容に関することは案外、既にブログで書いている内容が多いから。

その内容を微調整して、資料を作れば完了するケースがこれまでに結構ありました。

レビュー書くと感謝される

また他の方が主催したイベントに参加した時にレビューを書くと感謝されます。

昨年も鳥取の大学生が主催したイベントにゲストで呼ばれてレビューを書きました。

【鳥取】だっぴ主催『教育だっぴ』の満足感が高かった3つの理由

すると、Facebookでシェアされたり

主催者の方々から御礼のメッセージをいただきました。

結果、自分とつながりのない人達にも記事を読まれ、

自分のことを知ってもらうキッカケになったのです。

あとは、インタビューもおすすめですよ。

おわりに

ランニングも共通点することですが、続ける理由が多い方が続きます。

痩せるため、マラソンのため、健康のため。

いろんな理由があればあるほど、意味付けするようになっているんですよね。

ぜひブログを続けるにあたり、まずは続けることを目的にすること。

そして自分が続ける理由を見つけることをやってみてください。

きっと、そこから新しい価値が生まれていきますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ