RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

「マラソンと経営」の記事一覧(2 / 10ページ)

いざ繋ごう!第20回 宗像グローバルアリーナリレーマラソン

先日、第20回 宗像グローバルアリーナリレーマラソンに友人たちと出場してきました。 リレーマラソンは2年ぶり。 30℃を超える暑さでしたが、2kmずつ襷を繋ぎチームで42.195kmを走りきることができました! この本番・・・

今日を彩るボイスメディア「Voicy」がオススメな理由

鳥取に移住してから移動時間が増えた。 福岡などの都市圏であれば、バスや電車などの乗り物が充実しているけど地方では、そうはいかない。 本数も1時間に1本ぐらいで、終電も22時とめちゃくちゃ早いため車がないと生活できないと言・・・

自由とは何か?自分自身をよりどころにする生き方

自由って何だろう? エーリッヒ・フロム氏の自由からの逃走を読みながら、首をかしげた。 自由について、 ありのままの自分で、縛られずに生きること と書かれていた。 自分がやりたいことを何でもできるとか、 欲しいものを何でも・・・

自己理解が技術習得の鍵になる

何か習得したいことがある時に、 皆さんは、どのような手順を踏んで習得しているでしょうか? 例えば、自分でドライブして旅に出たいという欲求があったとき。 皆さんは、免許を取るという選択をとったと思います。 じゃあ、運転って・・・

ひきこもっていても安心して働ける社会へ

全国のひきこもり当事者ネットワークとして設立したNPO法人『Node(ノード)』。 ひきこもりに関する総合情報サイト「ひきペディア」も公開されている。 僕が気になったのは、 こちらの「ひきペディア」運営に携わっている『株・・・

「やらないこと」を決めて、より有効な時間を過ごそう

われわれは短い時間をもっているのではなく、実はその多くを浪費しているのである。 人生は十分に長く、その全体が有効に費(ついや)されるならば、最も偉大なことをも完成できるほど豊富に与えられている。 セネカの有名な言葉だ。 ・・・

障がい者を作っているのは私たち?問題点を経済学の視点から考える

いま、障がいのある方の働く場で大量解雇が起こっているをご存じだろうか? 2017年は過去最多の23件だったことが、民間信用会社の調査で判明した。 商品販売の不振ならまだしも、放漫経営が9件。 私利私欲のために経営して、 ・・・

痛み・苦しみを受け入れる。手術をして気づいたこと

長寿を楽しむために健康を求めたのに、一分の価値を知るようにと病気を賜わった この言葉は、無名兵士の言葉だ。 僕は、今年のゴールデンウィークの前半、手術を受けて3日間入院していた。 どこの手術をしたのかは伏せるけど、 これ・・・

どんな人と働きたいか?笑顔は職場を明るくする

サポートさせていただいている職場に新しい職員さんが入社された。 第一印象は、男性で背が低く、少し頼りなさそうな感じに見えた。 年齢は40代ぐらい。 でも、実際に仕事をしていると謙虚でそして何より笑顔だ。 挨拶も清々しくて・・・

多様な働き方を実現するには公明正大が不可欠

最近、大事にしている言葉がある。 それは公明正大。 嘘をつかず、堂々と公の場でも自分のやっていることを正しいといえることだ。 これは至極当然のことかもしれないけれど、 自分のことを守ることばかり考えているような組織だと、・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ