RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

第8弾SHI・FUKU!今回のテーマは児童福祉「子どもの世界で起きていること~まちLABの活動から~」

福祉のネガティブなイメージをひっくり返したい!
福祉を逆にすると祉福→至福→SHI・FUKU。
福祉はみんなの幸せのために本来あるもの。

そんな福祉の未来を目指しながらできることから始めていこうという集まりがSHI・FUKUです。

11310925_874438905956073_833002190_n

第7回目の様子

 

今回のテーマとゲスト

第8回のゲストは児童福祉の分野で活躍しているNPO法人 まちづくりLABの永田充さん。

みなさんは児童福祉と聞いてどのようなイメージを持っていますか?

今後の未来を担っていく子どもたちの現状を

永田さんが活動を通して、

いま児童福祉でなにが起きているのか?

またどのような課題があるか?を話題を提供していただき

私達が今なにができるかを一緒に考えていきます。

それではイベント詳細です。

a0001_012418

 

イベント概要

◎日時:2015年7月16日(木) 19:30~21:30

◎会場:株式会社カムラック 〜Come Luck ラボ 県庁前〜

◎会費:1000円(軽食あり)
福岡市博多区千代四丁目1番33号一階
地下鉄の駅から徒歩0分!バス停から徒歩0分!
正面向かって一番右側にある会場になります

◎申し込み方法:

FACEBOOKページより参加ボタンを押しいただく

又はn.toshihiko0112@gmail.comまでお願い致します

※下記のURLは場所がわからない方のための動画です。
会場周辺を撮ったものをアップしています。(35秒)

講師プロフィール

NPO法人 まちづくりLAB 永田充

高校生の時、心理的に体調を崩し、一時不登校となる。家族や友人の支えがあり高等学校卒業程度認定試験合格。2年以上の闘病を経て、カウンセリングなどを通し、体調も回復していく。自分と同じような子どもを増やしたくないと決心し、大学で心理学を学ぶ。

大学2年生の時、大学の授業でボランティアとして社会活動に関わる重要性を学び、フリースクールやフリースペースを始めとし、小中学校内での学習支援や高校生のキャリア教育などにボランティアとして関わるようになる。

これらの活動を通して、子どもを支援していくためにより多くの人が協力していくことの重要性を感じ、教育を始め、環境や政治、経済など様々な分野で大学生、社会人のイベント等の企画に携わり、問題啓発を行っていく。

これと同時に「任意団体 KCNクリエイションズ」で副代表を務め、学校の支援を行う。自身でも2012年に「任意団体 プロ研」を設立。大学生や地域への問題啓発活動や地域再生活動を行う。同年から福岡市こども総合相談センターの一時保護係夜間児童指導員として勤務。様々な子どもと関わりながら社会の課題を学んでいく。

2013年のKCNクリエイションズの解散を機に、“子どもが安心して暮らせるまちづくり”という理念のもとプロ研と活動を統合し、新たに「任意団体 まちづくりLAB」として活動を始める。

その後、2015年5月29日に「NPO法人 まちづくりLAB」を設立。現在に至る。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ