RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

集中とは、やらないことを決めること。ドラッカーの名言から考える

『集中っていうのはやらないことを決めることだ!』

先日の「すごいプレゼン」で高武社長がおっしゃっていた言葉だ。

今日は段取りが悪く上手くいかなかったことが幾つかあった。

ありがたいことに上司から任せてもらっている分、

もっと考えなければならない。

どうやってやらないことを決めるか?

しっかり記録して、

分析して、

原因突き止めて、

同じことが二度ないように成長していかないと。

気を付けないといけないのは、

数字で物事を考えないと主観だと、

あとで理由がわからなくなってしまう。

繰り返している暇なんてない。

自分の当たり前のレベルがまだまだ低いから、

もっと引き上げていく必要がある。

ドラッカーの考える集中

マネジメントで有名なドラッカーはこのような言葉を残している。

集中とは何か? それは真に意味あることは何か、もっとも重要なことは何か、という観点から時間と仕事について自ら意思決定する勇気のことである(『プロフェッショナルの条件』より)

浮き沈みなく一定の成果を出していけるようにコントロールしないと。

自分のことや管理できなければ、

他人をマネジメントできるはずはないと思っているからこそ。

来週は綿密に計画を立てて、相棒のラパンと福岡を駆け回る。

集中。

rapin.jpg

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ