RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

違う立場の人との「対話」から見つかる何か

昨夜は対話メシ。

福岡・岡山・鳥取の3県に住むメンバー5名で対話を楽しみました。

対話メシとは

「どこに住んでいても気軽に対話できる場所」を提供するコミュニティです。

都市と地方や日本と海外などの場所や

年齢や性別などそれぞれの立場関係なく、

対話そのものや互いの捉え方の違いなどを楽しみます。

自分が最近気になった記事を共有して、

・自分がなぜその記事に興味を持ったのか?

・その記事にどのように書かれいるのか?

・他の参加者に聴いてみたいことは何か?

について話していくなかで対話を通じて深めていきます。

シェアされた記事

今回は紹介された記事をシェアし、

どのような内容が話されたのかざっくりですが、紹介していきます。

どんな居場所がほしいか?

1記事目は私が選んだ記事。

家入一真さんという起業家のインタビュー記事で居場所について書かれてます。

居場所とは、価値観が合う人と遠慮なく話せるというのは一つ要素としてありそうという声がありました。

あとは、引きこもることは悪いことなのか?

という問いやGive&Giveしていくことから始めるなかで騙されたりしないのか?

などの話へも広がっていきました。

ゴールはどうやったら見つかるのか?

PDCAという計画・行動・検証・改善の前にゴールを定めるということが必要なのでは?

という問いから対話がスタートしました。

自分の人生をどのようにしたいのか?

そのゴールを考えることが大事だけど、見つけるためにはDつまり行動して見つけるというのも必要ではないかという話がありました。

あなたは何オタクですか?

グラビアアイドルの倉持由香さん。

今のグラビア界では、可愛い人やスタイルが良いだけでは生き残ることは難しいようです。

そのなかで工夫しているのが、他の人と一緒のことをしないことでした。

まずは、いま自分がいるコミュニティのなかで他の人よりも優れているところを見つける。

そして、そこを打ち出していくことが大事なのでは?という内容でした。

そこで持ち込まれた問いは「あなたは何オタク」ですか?

なぜ人は旅に出るのか?

昔から人は旅に憧れているのかもしれません。

ゴールデンウィークなどの連休になれば、旅行する人も少なくありません。

渋滞するとわかっていても旅に出ますw

では、なぜ人は旅に出るんでしょうか?

どうしても旅というと物理的に自分たちが移動するという概念が強いですよね。

でも映画や本も旅ではないかという声がありました。

いままで知らないことを知る。

そこが旅というものの本質なのかもしれませんね。

柔軟に自分は対処できるのか?

以前まで小説家は小説だけ書いていればOKでした。

しかし、今は違います。

ドラマの脚本を書いたり、もしかしたら漫画の構成もしないといけなくなります。

果たしてそこまで柔軟にできるのか?

というのが問なのですが、どうやら平成の作家さんはポジティブに捉えられているようですね。

おわりに

場所も違えば年齢も違うメンバーでの対話。

興味のある記事も違えば、同じ記事を観た時に共感する部分とそうでないところもあります。

そのなかで、相手の意見を否定せずに、そんな捉え方もあるんだと認めた時に何か新しい発見があるかもしれません。

私は、今回の反省点として本の知識をそのまま紹介しただけのときがあったこと。

・自分がなぜその本の内容を引用したのか?

・そのことについて何を考えたのか?

この部分を掘り下げていけるとまた違う気づきがあったかもしれません。

次回は、2019年1月に開催予定です。

ぜひ興味のある方はご参加ください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ