RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

第二脳をどう使う?!中尾がEvernote大使の川添さんから話を聞いて実行しようと決めた3つのこと

いきなりですが、皆さんは昨日の朝ごはん何を食べたか思い出せますか?

・・・なるほど~納豆定食ですか。

では、昨年の8月2日何をしていたかは思い出せますか?

この質問になると大半の人は思い出すことが難しいはずです。

折角経験した気づきも決意も得た貴重な情報も記録しておかなければ、ほとんど忘れてしまいます。

忘却曲線理論によると、なんと7割以上が忘れてしまうそうです。

これってすごくもったいなーーーーいっす!

P1030830

第二の脳に触れる

僕は、先日Evernoteアンバサダー(大使)の川添祐樹さんを講師に

Evernoteを使用した情報管理についてのセミナーを主催させていただきました。

自分自身Evernoteを使いこなしているわけではありませんでした。

ただ価値は大いに感じていました。

今回のセミナーは、同年代の大半がEvernoteを使用したことがないとを知って、

アンバサダーの川添さんに依頼したことがきっかけで実現したものです。

今回はEvernote学生アンバサダーの佐藤大地さんにもSkypeで特別出演していただいて

参加者の疑問をすこしずつ解いていきました。

P1030912

Evernoteって何?

「いやいやいや、そもそもEvernoteなんか便利そうだけどよーわからんっちゃけど」

という声が聞こえてきそうなのでちょっとだけ説明を。

一言で言うと何でもかんでもメモできてどこでも使える共有メモ帳です。

よく勘違いされるのは「どこでも何でもメモできる」ことがすごいのではなく、

「どこでも何でもメモとして残せて後ですぐに探せる」

ことがめちゃくちゃ便利なわけなのです。

だから僕は、昨年何していたかを質問されても

2013年8月2日と検索すればすぐに記憶を取り出せるわけです。

自分で覚えられないものは全部Evernoteに覚えてもらう。

これが第二の脳と言われる所以でしょう。

P1030923

また世界中に仕事・趣味・家族の情報をクラウド上に置いて共有できます。

これだけでもいろんなめちゃくちゃ便利です。

Evernoteは100年続くサービスを目指していますし、

僕もTwitterやFavebookは違うツールに変わっても、

Evernoteは使い続けるような気がしています。

続かない人が多いのはなぜ?

ただ、フェイスブック(FB)に比べてエバーノートは挫折する人が多いのです。

なぜなら誰から見られることなく、自分で管理していかなかればならないから。

そしてFBのようにコメントなど

何かすぐにリターンが返ってこないからモチベーションが続かないんです。

これって英語やダイエットに似ているって思いません?

悩みや課題が先

すぐに辞めてしまうことのないために

Evernoteを使用する前に考えておきたいのは、

なぜEvernoteが自分に必要なのか?ってことです。

Evernoteはさまざまな使い方ができるから、

先に悩みや課題があって、

じゃあEvernoteでどう解決しよっかって流れがベストです。

では僕の悩みを例に材料に考えてみましょう。

記録しても記録したままで終わってしまっていた

僕は昔からメモ魔でいろんなノートや日記帳にメモしていました。

だけど折角残しているのに、その後全然利用できていないことに気づいたのです・・・

この記録しても記録したままで終わっていたものを利用する!!!

できればその気づきを発信したい!!!

これが僕の課題です。

P1030826

ではどうやって今Evernoteを使っているのでしょうか?

1.残す 2.取り出す 3.発信

この3つのステップを考えて実行していきました。

日々の自分の歩みと気づきを記録する

毎日手帳で日記を書いていたものを

Evernoteで管理するようにしました。

また日々のタスクもTODOチェックボックスの機能もあるので

日報もEvernoteで全てタグをつけて管理しています。

そうすることで手帳を持ち歩かなくてもPCやスマホですぐに見れます。

他にも学生アンバサダーの佐藤さんから教えてもらった

IFTTTという連携していないアプリ同士を自分で連携させてしまうアプリを使うようにしました。

これを使えばフェイスブックやツイッターでコメントしたことが

勝手にEvernoteにも保存されるようになりました。

記憶をシェイクする

じゃあ、その蓄積した情報をどのように見返すのか?

という大きな課題に対しては川添さんから紹介してもらった

EverShakerで解決できました。

これまでEvernoteに記憶していた情報をランダムで選んでくれるアプリです。

これは久々に自分の中でヒットしました。

過去の自分や関心があって残した情報を

今の自分が読むとまた新しい視点で気づきを得ることができたのです。

cimg2374

ブログで発信・共有

そして、Evernoteで得た過去の情報と

今関心のあることを結びつけて誰かに伝えようとすると

自分の中にキチンと落とし込みができました。

川添さんのブログであるように

既存情報を組み合せて「再生」することで、コンテンツとしての新しい価値を生み出すことができるのです。

小さな一歩から始めよう

川添さんも佐藤さん最後の挨拶で共通して言われていたのが

「小さな1歩から始めてみてください」ということです。

僕が今ブログで書いて発信しているのも、まだまだぎこちなさで溢れていますが、

それでも書くことで何かしらの反応が返ってきたり、

未来の自分が見たときに、

「あの頃、こんなもんだったんだなー」って過去の自分の実力を知れるわけですから。

皆さんは、どのような一歩を踏み出しますか?

長文に付き合っていただきありがとうございました。

P1030933

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ