RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

福岡マラソン2019当選!今度こそはサブスリーを達成したい

福岡マラソン2019の当選結果が出た。

嬉しいことに今回も当選。

2回目のチャレンジとなる。

福岡マラソンは、福岡天神から糸島に走るコースで、海を見ながら走ることができる。

アップダウンはあるけれど、比較的走りやすいし、何より地元の人たちの応援が後押ししてくれる。

目指すはサブスリー(三時間切り)。

ということで、このサブスリーを夢物語で終わらせないためにできることを今回は自分の経験や他者の視点を借りて考えていきたい。

月間200キロ走る

まずは、距離をしっかりと踏まなければならない。

距離として月間200キロ。

週に50キロだから週4練習できたとして1回の練習で12キロは走らないといけない。

じゃあなぜ、200キロにこだわるかというと、サブスリーを達成したときはこの条件を満たしていたらだ。

前回の福岡マラソンでは惜しくも後半から足の痛みだけでなく、呼吸もしんどくなっていた。

それは、練習が月間100キロぐらいしか走れていなかったからだ。

仕事もあって、大変にはなるだろうけど12キロだったらスローペースでも1時間弱あれば走れる。

だから朝6時には走りはじめよう。

そしてTwitterでも走った距離をつぶやいて、いまどれぐらい走っているかを宣言していくようにしていきたいと思う。

同じペースを刻む

あと、大事なのは1キロ4分10秒と決めたらそのペースを守り続けることだ。

そのためには、そのペースを体に覚えさせることが求められる。

本番でやってしまいがちなのは、周りのペースに飲み込まれたり、アドレナリンが出まくって、もしかしたらもっと速いペースで行けるかもと勘違いしてしまうこと。

練習でできていないのに本番でやれてしまうことなんてまあないわけです。

なので、Twitterで紹介している記事で紹介されているように、まずは自分がどれぐらのペースで走れるのかを知るところから始めよう。

毎回の練習で目的意識を持つ

あと今回の福岡マラソンに向けてやっておきたいのは、試走。

そして、30キロ走ることだ。

試走をするのとしないとでは、結果が10分ぐらい変わるんじゃないか?

って思うぐらい大事。

先をイメージできない状態だと、不安になる。

その不安がマラソンの走りにも影響が出てきます。

また30キロを走る理由としては、何が今の自分に足りないのかを教えてくれるから。

後半にバテるのではあれば、体力が足りない。

その他、スピードが足りないなどの明確に不足している部分が見えてくるのです。

ただ単に月に200キロを走るのではなく、その練習一つひとつを振り返ること。

そして自分がその目標に近づいているかを見ていけるようにしていくことが肝になるはずです。

おわりに

福岡マラソンを走るのであれば、楽しみたい。

そのためには自分がどれだけ自分をコントロールして練習できるか。

練習が不十分で臨むマラソンほど、辛いものはありませんから。

自分がどうすれば、一つひとつの目標を達成できるかは自分を熟知すること以外にないはずです。

前回は仕事を理由に練習をサボる時期があったので、うまく向き合っていきたいなと。

僕は一人で練習をすべてやりきれる自信がないので、友人を巻き込みながら走り込んでいくつもりです。

ぜひ、当選していなくても走る習慣をつけたいというかたがいらっしゃいましたら走りましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ