RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

福岡マラソン2016、無事完走することができました!

福岡マラソン無事完走できました。

しかし目標達成の3時間15分ギリには届きませんでした。

ハーフまでは1時間30分で通過したのですが

後半、減速して最終的には3時間40分でした。

原因は2つ。

練習不足。

それによる集中力の欠如。

気持ちの問題ですが、根性が足りず終盤は歩いて走ってを繰り返しました。

マラソンに過去7回挑戦しましたが、肺が痛くなったのは初めて。

30kmを結局練習で一度も練習できていなかったというのは大きかったと思います。

マラソンはメンタルスポーツ。

自分の今の状態を表してくれます。

どれだけ口で練習したと言っても結果が出ないということは何かが足りないということなのです。

次回走るときは試合の過程にも満足できるようになりたい。

強いランナーになるためには、やはり練習で追い込む必要がありました。

今回は悔しい想いもしましたが、自分と向き合えたレースとなりました。

 

誇れる地元のマラソン

成果には満足できないところもありましたが、福岡マラソンは本当に素晴らしい大会でした。

沿道の応援のおかげで何度も気持ちを切り替え、頑張ることができました。

特にゼッケンに書いてある名前を呼んでもらえたのはすごく嬉しかったです。

妻や職場の上司の応援も糸島の美しい景色も力になりました。

また運営で大会を作りあげてくださったスタッフの皆さん、本当にありがとうございます!

最後に41km地点にあったボードに『脚が痛いのは気のせい』と書いてあったのは笑いました。

今年2月に出場した北九州マラソンでもボードで心動くボードに出会いました

こうやって誰かのために響くメッセージを書けるというのは素敵だなと人の温かさに触れあったように思います。

みなさんだったら、ラスト1kmのランナーにどんな言葉を贈るでしょうか?

何はともあれ、ぜひまだ出場したことのない方は抽選で当選して出場しましょう。

きっと、忘れられない一日になりますよ。

15027423_1163806460354447_3672469142935632826_n

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ