RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

第73回偉人講座『鑑真』開催のご案内

◯★第73回偉人講座『鑑真』開催のご案内★◯

恐らくは偉人講座で初めて取り上げる中国の偉人です。
日本の歴史の教科書では孔子に次ぐ中国出身の
有名人なのではないでしょうか。
ただ両者で違うのは、
孔子はその思想のみが伝来したのに対して
鑑真は彼自身が実際に日本の土を踏み、
日本に骨を埋めた中国人だということです。

歴史の教科書に必ず登場する鑑真和上は、
都合5回を数える渡日に尽く失敗し、
失明しながらも正しい戒律を日本に根付かせたい、
その一念に懸けて来日した唐の高僧です。
彼の渡日の苦難と挑戦のドラマが往々にして
フォーカスされがちですが、
彼と同じ中国人であり、
また同じく異国である日本の地で生き、
幾ばくか日中の架け橋たり得たいと思っている者として
鑑真の生き様、あり方は否応なしに僕の琴線を揺らすもので、
和上に対してある種格別な思いを抱かせます。

敬愛と言ってもよいほどに、
僕ほど日本が大好きな中国人も他にいないと思いますが、
それでももし、自分が鑑真の立場だったら、
あるいは鑑真の弟子であったのならば、
果たして身命を削ってでも異国日本に行こうとしただろうか。
我ながら自信がありません。
何が彼の初志を支えたのでしょうか。
何が彼を日本に駆り立てたのでしょうか。
日本に来るまで何を見て育ち、
誰と会い、どのように学び、
どういう人間だったのでしょうか。

いまや一時間もあれば日中間を自由に飛び回れる時代、
幾多もの喪失を背負い、
中国で慕われ、
日本で愛された盲目の老僧の生涯の
私たちへの語りかけの一端に触れたく、
皆様の前でいつもの通り、
咄々とお話できればと思います。

(文責:楊 睿之)

第73回偉人講座『鑑真』詳細

日時

4月9日(日) 9:00-12:00

場所

都久志会館602号室

福岡市中央区天神4-8-10

会費

社会人2,000円 学生1,000円

申し込み方法

Facebookページにて参加ボタンをクリック。

もしくは

jnc.yangruizhi@gmail.comに

名前と会社名(学校名)を記入しメールしてください。

内容

鑑真について2時間程度の講演と参加者同士の意見交換

講師紹介

楊睿之

「美女の町」として名高い中国四川省成都市生まれ。
九州大学文学部出身。
専門は比較宗教学。
在日20年の青年華僑。

大学在学中は
企業取材フリーペーパー制作に携わり、
卒業後は農業の道へ。

八女・柳川・長野・香川で武者修行の後、
故郷へ戻りイチゴとフルーツトマトの栽培を始め、
現地日系百貨店や国営、
香港系スーパーと取引。

その途上イスラムビジネスに目覚め、
東南アジア各国を駆けずりまわるが
軍資金全部溶かした挙句1円も儲からず失敗に終わる。

現在は北九州のコンサルティング会社に勤務し、
自治体、研究機関、産廃業者など民間企業向けに
環境・エネルギー・農業関連の調査事業およびビジネスプランニングを行う。
来年からアスパラガス生産を始める予定。

尊敬する偉人は明治天皇と上杉鷹山、
好きな酒は黒霧島と中洲のモスコミュール、
嫌いな食べ物はウニと甘エビ。

題字:広瀬 由里子
ポスターデザイン:Eiichiro Yasumatsu

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ