RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

白鵬、優勝インタビュー中もブーイング。なぜでしょうか、あまり腑に落ちない。

IMG_7970-540x360

横綱白鵬が自身の最多優勝記録を更新する4場所ぶり36度目の優勝した。

普段、相撲を見るわけじゃないけど

たまたま祖父の家に行っていた時に試合があっていたので観戦していた。

白鵬が勝てば優勝するかどうかの一番だった。

「はけよい、のこった」

すっと白鵬が相手の力士を交わし優勝を決めたのだった。

問題はそのあと。

会場からはブーイングの嵐。

そして優勝インタビューでは

「千秋楽にこういう変化で決まると思わなかった。申し訳ないと思います」と謝罪する場面も。

優勝インタビューで謝罪って。。。

勝負事でこのような勝ち方の名称があるわけだから反則ではないはず。

なのに勝ち方があまり良くないからってブーイングはないよなって感じた。

謝罪するぐらいだから、本人も自覚はあるのだろうけどさ。

優勝が遠のいていた時に、正々堂々勝負して負けてしまったら元も子もない気がする。

それを座布団を投げて批難するとは。

相撲に関して詳しくないからこそ疑問に思ったところである。

日本ならではなのかな?

なぜか腑に落ちない光景だった。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ