RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

混迷を極めた後漢末期に生きた諸葛孔明は何がすごかったのか?

今日は偉人講座に1年半ぶりに参加させていただきました!

偉人講座とは、

江戸時代とか近現代などの大まかな歴史の流れを暗記していくものではなく

1人の偉人の人生について3時間かけて学ぶ講座です。

偉人は混迷を極めた後漢末期に生きた諸葛孔明。

ゲスト講師の深井さんによる時代背景と楊さんによる諸葛孔明がどんな人物だったのか?

あまりにも濃密な内容で3時間があっという間でした。

なぜ、曹操や孫堅と比べると圧倒的な差があった劉備を選んだのか?

どうやって劉備亡き後の絶望的な危機を乗り越えることができたのか?

そんな様々な謎に迫りました。

諸葛孔明のすごさとは?

今回の諸葛孔明というとどのようなイメージを浮かべますか?

私は、軍師のイメージが強かったのですが、政治家としての孔明のリーダーシップや決断力などすごさや魅力を知ることができました。

孔明がいなければ、劉備という人物が名を残すこともありませんでしたし、

三国時代というものも蜀が生まれなければできなかったのですから孔明の功績は大きいですね。

様々な危機に対してどのように対処すべきかを自ら考えて、行動して、5人分ぐらいの動きをしていったのは圧巻でした。

ただ、小説のようなハッピーエンドでは終わらない歴史の面白さに出会えた時間となりました。

次回はどのような偉人と出会えるのでしょうか?

楽しみです!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ