RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

『未来をつくるkaigoカフェ』から生まれる良き循環とは?

先日『未来をつくるkaigoカフェ』居場所づくり事例&ステップアップ講座の運営スタッフとして参加させていただきました!

未来をつくるkaigoカフェとは

未来をつくるkaigoカフェは、高瀬比左子さんが取り組まれている介護に関わる人々が思いを語り、学ぶ、対話の場です。

肩書や年齢など関係なくフラットな立場で対話を重ねることで、自分の見落としていた可能性に気づき一歩踏み出せるような場をつくりたいという思いから生まれています。

以前開催されたファシリテーター育成講座を学んで実際に実行してきた方々の報告は、とても参考になりました。

また驚いたのは、参加者が30名ぐらいいたのですが、そのなかで実際にイベントを立ち上げて取り組まれていた人が半分以上いたことです。

熱量すごかったですよ。

失敗はない

事例のなかには、うまくいったことだけでなく、うまくいかなかったことも紹介されていました。

例えば、テーマや呼びかける範囲を広げたことによって、すごく抽象的になってしまった。

他には、本当に来てほしい人に来てもらえなかったなどです。

それでも、やってみたことでわかったことは多く、次につながっていました。

居場所を作ることで生まるもの

地域、職種、職場、同じ課題を抱える人たちが集まるコミュニティなどで居場所をつくる。

そのことで気づきが生まれたり、関係性がうまれ結果的に利用する人やその取り巻く環境に良い循環が生まれていくのだと思います。

また今回、同年代の方と新たに企画することも決まったので、こちらも非常に楽しみ。

今日の学びを活かしていきます。

ありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ