RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

まさに大人の山遊び!キタクマヤッホートレイル無事完走できました!

今年の6月に宣言していたトレイルランに初挑戦。

熊本で開催されたキタクマヤッホートレイルに出場してきました。

前日から休みを取得して、熊本へ友人と行ってきました。

天候にも恵まれて、とにかく自然のなかを走るのが楽しかったです。

記録も初心者には申し分ないぐらいの結果。

記録:1時間58分40秒
部門順位:16位/133人中

最初ということでショートの部で13キロにチャレンジしました。

今回は、そのキタクマヤッホートレイルについて振り返りをしたいと思います。

ゲーム感覚で楽しめるスポーツ

トレイルランは山を走るスポーツ。

僕自身、走るのも山登りも大好きなので多分好きだろうなって思っていたけど、やっぱり好きでした。

山の中を黄色いテープを頼りに道を駆け抜けていきます。

登りは、さすがに堪えました。。

早歩きのような感じで階段や岩場を乗り越えていきます。

マラソンほどペースが早くないので、参加者同士で会話したりできたのは、一緒に頑張っていく感じがして気持ちよかったです。

準備で失敗したこと

今回、準備不足だったのは、スマホと飲み物を手で持って走ったこと。

ロープを使ってのぼったり、木をかき分けながら走るため、マラソンと違って両手をかなり使いました。

スマホは腕に固定できるものを準備してリュックは必須でした。

判断しながら走る

あと、道に迷ったりもしました。

マラソンだったら別のことを考えながら走れるのですが、トレイルランはそうはいきません。

黄色いロープがどこか常にアンテナを張り巡らせないといけないし、木の枝にもつまずきかねません。

僕は、何度も油断して転びました。

さらには、木に激突したりすることもありました。

ただ、そんな集中を求められるトレイルランは想像以上に楽しかったです。

何より自然のなかを駆け抜けられるのが最高でした。

前夜祭もありました

前日は、人数が少ないからこそ前夜祭で地元の山魚や伝統の踊りを見ながらランナー同士の交流できました。

山菜や刺し身が、ものすごくうまくて、お酒も進みました。

マラソンだと、人数が多すぎて交流なんてすることなんて難しいのですが、トレイルランはまだ認知度が少ないということもあってできるようですね。

トレイルラン人口は少ないですが、やっている人たちのトレイルランへの情熱は凄まじく曲者が多かったですよw

道の整備など事前の準備かなり大変だったと思います。

運営の皆さん、素晴らしい機会をありがとうございました!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ