RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

平清盛は、なぜ悪者扱いされるのか?人情派、清盛の手腕

お盆の真っ只中ではありますが、

偉人講座「平清盛」が開催されました。

偉人講座とは

偉人講座は僕が学生時代に入っていたサークルの月に一度の勉強会です。

江戸時代とか近現代などの大まかな歴史の流れを暗記していくものではなく

1人の偉人の人生について3時間かけて学びます。

当時は6時間かけて学んでいました。

過去に西郷隆盛、大久保利通

福沢諭吉、聖徳太子、ヘレンケラーなど時代は絞らずに開催しています。

なぜ偉人を学ぶのか?

歴史は自分たちから歩み寄らなければ知らないままです。

歴史の教科書に書かれているような

「何を成し遂げたのか?」

を知ることだけでなく

「その人が何を想い、なぜ成し遂げたのか」

という点に迫ることにより感動が生まれます。

またその偉人を主人公にするかで

時代の見え方が変わってくるのが純粋に楽しいです。

自分自身の生き方と照らし合わし、

どのように生きるかという問いに対してヒントになるはずです。

本日の偉人、平清盛

皆さんは平清盛という人物についてどのようなことを知っていますか?

僕は平家の全盛期を築いたけど、

どちらかというと悪者として描かれているようなイメージでした。

幕末などに比べるとダイナミックさもないため

大河ドラマではあまり視聴率が高くなかったようです。

脚本やキャストは素晴らしかったのに・・・

今回は講師・楊さんの偉人講座「平清盛」のなかで

興味深かったお話のみ紹介します。

人情味ある政治家×実業家

平清盛は現代でいう実業家と政治家の腕を兼ね備えた人物だったようです。

様々なエピソードを聞き、

現実把握力と先見力が長けている方だと感じました。

政治家の一面

政治家の一面で言うと清盛の娘の徳子を入内させて、

その子供を皇位につけて清盛は外祖父として権力を握る。

そして政治を握った話は有名ですよね。

これは、有力武士が増えているなかで

藤原氏が武士に向けた政治をできていなかったことが大きい。

実業家としての一面は、日本の貿易に大きく貢献したこと。

有名なのが、音戸の瀬戸と厳島神社でしょう。

「音戸の瀬戸」を切り開いた

広島県呉市の本土側と倉橋島の間、音戸の瀬戸は潮の流れが速く

開削は難しいと言われていました。

その難題に切り拓くと決断して

これまで大きく迂回しなければならなかったところをスムーズにして

日宋貿易に大きく貢献したのです。

なんと「1日で切り開いた」という説もあります。

そしてユネスコの世界文化遺産にも登録されている厳島神社。

清盛が厳島神社を元々の社殿を大修築をしたのは、二つあります。

一つは信仰心があったから。

二つ目は船を泊めるのに絶好の場所であった厳島は、

瀬戸内海の海上交通の要所という一面があったから。

まだ商業主義を実際にやろうとしていた。

貨幣の活用を促したのも平清盛。

理由、海外との貿易で貨幣が必要なった。

これまでは米だったけど、米は腐ってしまう。

貴族であり、政治家でもあった。

なぜここまでの改革ができたのか?

父の影響で現場感覚が身についていたからです。

小さいときから船に乗り貿易を目にしていたから。

政治に関わり、京都に住み始めて

何もしなくても悠悠自適な生活は保障されていた。

だけど、自腹をきって進めていた。

本当に国の発展についていました。

幼かった頼朝を義経を生かしたのを失敗という人もいるけれど

人として僕はその判断をしたことは間違いではないと思います。

平清盛はなぜ評価されていないのか?

ここで質問が挙がったのは、これだけの成果を残しているのに

なぜ清盛は歴史上では悪者扱いされることが多いのか?

それは、源家に時代を持っていかれて、

平家を書物(平家物語)などで酷評されたからです。

中国の歴史ではよくあることですが、

勝者である政権が前の歴史を否定するのです。

平家が続かなかった理由

次の世代を育てることがきていなかったから。

武士が誕生したばかりだったので、

飢饉などが重なっていて人を育てる時間がなかったというほうが正しいそうです。

清盛の思想を理解できる人がいなかったのです。

カリスマ性があったとしても、

繫栄させていくためには組織作りが必要なわけですね。

豊臣秀吉にも言えることかもしれません。

成功例は家康

対比されるのが、徳川家康。

約260年続く時代を築き上げた。

家康は自分が天下を取った後に回りを固めて

自分が死ぬまでに何をしなければいかないかを歴史から学んでいた。

これも一つ平清盛という偉人を家康が学んでいたからかもしれませんね。

偉人の生涯を知ると心動かされます。

講師を務めていただきました楊さん、ありがとうございました。

帰省中の石橋先輩との対談は、めちゃくちゃ熱かったです・・・

今回の偉人講座に参加して、

平清盛の生き様ってカッコイイと思っている自分がいました。

次回は、篤姫の予定です。

ぜひタイミング合えばご参加くださいませ!

One Response to “平清盛は、なぜ悪者扱いされるのか?人情派、清盛の手腕”

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ