RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

デンマーク上陸。行ってみないと分からないことだらけだ

成田空港で偶然の出会い

デンマーク研修初日の朝は雨の音で起きた。

6時15分までに福岡空港に集合だったから5時に起き空港に向かった。

この歳になってもも次の日が楽しみな時は夜眠れないから、ほとんど睡眠なし。

 だけど、モチベーションがかなり高まっていた。

P1010158

チェックインを済ませて、飛行機に乗り込み、まずは成田に飛んだ。ここで偶然にも、
P1010159

「HAKATA TONTON」オーナーのヒミ・オカジマさんに出会った。

今日からNYに戻るそうだ。

ヒミさんは、ニューヨークで飲食店を経営されている経営者。

ニューヨークといえば「世界屈指の激戦区」。

そこで沢山の国籍の人と、「何のためにそれをやるのか?」

ということを大切に美味しい食事と言葉を提供している。

対話やNYを含めた世界中の文化について国際線に向かうバスの中で話した。

幸先の良いスタートをお切れている何か起きそうな予感がした。

NYに戻るヒミさんを見送ったあと、そしてスカンジナビア航空に乗り込んだ!!

P1010163

12時30分に出発して12時間フライト。

日本であれば24時の時間にコペンハーゲンに到着した。

現地に行けば新しい疑問点が幾つも湧いてくる

コペンハーゲン空港は小さいけれど、

世界中の名立たるデザイナーたちによってデザインされた空港。

木造ターミナルの珍しい空港だった。

P1010167

P1010175

そこからバスで25分ほどのところに今回宿泊するホテルがあった。

「グランドホテル」は馬車が車道を走っていた時から建てられていた、歴史あるホテル。

ホテルの中から外を見ると日本では見れない風景があった。

P1010190

チェックインを済ませた。

17時なのに、もう外は真っ暗だった。

疲れは溜まっているけど、外の探索をした。

コペンハーゲンの市庁舎は綺麗だった。

P1010215

嬉しいことに歩けば疑問点が湧いてきた。

歩行者の信号機の時間が圧倒的に短かったり。

ホームレスがいたり。

バスの車体が長かったり。

食べ物も日本じゃみないものがあった。

一緒に旅をするメンバーと話すと、想像とは違うとこが幾つも見つかった。

明日からは本格的に街を探索する予定。

始まりに乾杯して、次の日に備えよう。楽しみだ。

P1010234

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ