RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

どうすれば自分のレベルは上がるのか?南海キャンディーズ山里さんから学ぶ

最近、メディアで見ない日はないのではないかと思うのが、南海キャンディーズの山里亮太さん。

やまちゃんで親しまれている芸人さん。

最近では、大女優の蒼井優さんとの結婚記者会見が話題となり、さらにうなぎのぼりの状態ですよね。

僕自身も、ねほりんぱほりんというNHK教育番組で、軽快なトークの面白さにいつも楽しませてもらっているファンの一人です。

そんな山里亮太さんは、最初から天才だったわけではなくて、いろんな失敗を重ね、努力をして今があるということをR25の記事を読んで知りました。

今回はそんな山里亮太さんの経験から自分が取り入れたいことを紹介したいと書いていきたいと思います。

どうすればレベルは上がるのか?

僕は今の状態であっても誰かの役には立てるけど、よりよい仕事や喜びを提供するためには、自分を上げることが必要だと思っています。

その時に、必要なのは何なのか?

それは、事前準備と振り返りをしっかりと取り組んでいくことなのだと、山里亮太さんから学びました。

冒頭で紹介した記事では、事前準備なしで収録に臨んで散々な目にあってしまったエピソードが紹介されています。

MCだったにもかかわらず、ゲストのことを調べずにトンチンカンな質問をしてしまったというものです。

これって自分でも当てはまるなーって思いました。

なんとかなるだろう!と楽観的であれるのは、しっかり準備を取り組んだときではないとだいたい失敗します。

大事なのは、そこで失敗した時に振り返ること。

反省ノートをつける

山里さんは10年以上サボることなく、反省ノートを書いているそうです。

疲れていて眠りたい!なんてこともあるでしょうが、それでも振り返っているそうです。

これは、本当に見習いたいと思ったわかりやすい具体例。

ほぼ日手帳を使って、僕も日記を書いていましたが、事実のみを書き連ねるだけで、ここまで自分にツッコミを入れることができていないなーって痛感しました。

仕事で失敗したとき。うまくいかないときに、話してストレスを発散することも時には大事でしょう。

ただ、なぜうまくいかなかったのか?

そして、次にどうしたらいいのか?ということをしっかり見つめ直すことができないとまた同じことで凹むのは、予測できそうなことですよね。

自分のレベルを上げるのは、本を読んだりインプットすることも大切です。

ただ、それ以上に今この日常のなかで起こっている出来事に対して真摯に向き合って行動していくことなのだと感じています。

まずは、反省ノートを一日一行でもつけていきたいな。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ