RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

オーケストラの指揮者から学ぶ!マネージャーの役割って何だろう?

マネージャーの役割って何だろう?

 

最近自分のすべきことに追われていたこともあって、

周りをみることができていなかったから、ふと立ち止まってみることにした。

この状態って森ではなくて、木しか見えていない状態。

 

ドラッカーから問いかけられる。

「成果と役割を何と定めているの?」って。

 

P1040262

 

一人でできることなんてたかが知れている。

結局、お願いしていたことにミスが後で見つかれば、そこに更に時間がかかる。

そうして更に忙しくなるという悪循環な状態に陥ってしまうのだ。

ミスをした人に対して、少し嫌な気持ちになったりする。

責任転換するなんてことはあってはならない。

自分の責任だ。

自分を顧みることなしに、前に進むことはできない。

 

本来の役割は

部分の和よりも大きな全体、
すなわち投入した資源の総和よりも大きなものを生み出す生産性を創造すること。

つまり掛け算ではなくて足し算にならなければいけない。

オーケストラの指揮者のようなもの。

『指揮者の行動は何をしているのだろうか?』って考えたら

ビジョンを示す。

「こんな音楽にしよう!!」って表情で伝えている。

指導力を通じて、各パートが、統合された生きた音楽を作る。

そのためには、自分のことではなく全体を考えるところから始めなければならない。

それに心を開いてなければ、相手の魅力に気づけない。

悪い部分にしか目を向けられなければ、役割を見つけることもできない。

 

もっと対話しよう。

今、目の前の人が何に興味を持っていて、何に悩んでいるのかを。

そして、今チームが目指している場所を確認しよう。

感情をコントールしていけるように、何が起こるかを想像しておこう。

怒りの感情を捨てて、組織が働きやすい環境づくりに集中しよう。

あとは、これらを行動していくだけだ。

実践でしか学べないことを記録して、次のステップへといけるように考えていきたい。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ