RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

マズローの欲求段階説から考える「いきいき暮らすために不可欠なもの」とは?

〜前回までのあらすじ〜

僕は今、「誰もがいきいきと暮らせる町を目指して」という人権に関するテーマで執筆の依頼を受けている。

誰もがいきいきと暮らせている状況を描くためにはどうしたらいいんだろうか?

今回はマズロー欲求段階説から、

いきいき暮らすためにどんなことが不可欠なものが何か考察していきます。

マズロー欲求段階説とは?

皆さんは、マズロー欲求段階説をご存知でしょうか?

心理学を勉強している方であれば、ご存知の方が多いのではないでしょうか。

アブラハム・ハロルド・マズローという心理学者が研究した理論。

教育や経済など幅広い分野で用いられることがあります。

人間が持っている5つの欲求

人間は5つの欲求を持っています。

①生理的欲求、②安全欲求、③所属と愛の欲求、④承認欲求、⑤自己実現の欲求

こちらは低い番号の順に現れ、

その欲求が満たされると次の欲求が満たされるようになっています。

1.生理的欲求

・酸素 ・食物 ・飲料 ・性 ・睡眠

など、人の生命維持に関わる欲求。

2.安全の欲求

身の安全や秩序・法律などを求めるのが安全の欲求。

生理的欲求に匹敵するぐらいに欠かせないもの。

3.所属と愛の欲求

家族や友人、友だち、同僚、サークル仲間などの一員となり、

孤独から離れたいと思う欲求。

4.承認欲求

自己を認める自尊心の欲求と

他者から承認されたいという尊厳の欲求。

5.自己実現の欲求

より一層自分であろうとする欲求。

自分がやりたいことができるようになりたいというもの。

どの段階か?

では、みなさんの段階はどのあたりでしょうか?

諸説ありますが、欲求は順に現れるけど、優先順位は人それぞれらしいです。

例えば、アーティストでお金がなく睡眠不足でも自己実現を優先していらっしゃる方もいます。

ただ、何かしらを満たしていないと、不安でいきいきと暮らすことは難しいでしょう。

障がいのある方の暮らしを見てみると

生理的欲求と安全欲求も満たされていないケースが多いんです。

僕が、大学生のときに月20日働いて月給1万円未満の人たちがいるということを知りました。

年金が出ても10万を切ります。

税金から補助されていることを知っているため忍びないと話されてました。

障がいがある。

それだけで、仕事も選べない。

家も拒否される場合があるので、限定されてしまう。

これは、かなり人として辛いことだと思います。

仕事は欲求を満たす要素あり

仕事はマズロー欲求段階説を満たす可能性を秘めています。

仕事では、関係性も生まれるし、感謝されることもあり承認も。

まだ、工夫次第では給与もアップできるはずです。

だから、僕は就労支援に関わるなかで、

・収入もそこそこ得れる

・選択肢もある

・つながりもある

・自分が好きなことをできる

というような環境を地域に作っていきたいと考えたのです。

暮らしをつくるうえで、仕事はまだ切っても切れないもの。

次回は、仕事で取り組んできたことやそこで感じたことを紹介してきます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ