RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

取材のことについて語るときに僕の語ること その1

皆さん、こんにちは!
今日は久しぶりに2時間JOGをしてきましたよ。

福岡で昨日は日中降っていた雨も上がり気持ちよく走ることができました。
6月に出場するヤフオクリレーマラソンに向けて調整していこうと思います。

さて今回のタイトルは『取材のことについて語るときに僕の語ること』です。
僕は、去年の11月下旬、FUKUOKA RUNNERSという団体を立ち上げました。

きっかけは、大学生時代に所属していた企業取材サークル「FUN」の活動です。
活動では毎月、農業特集やIT特集などテーマを決め、そのテーマに沿って企業の方にアポを取り
事業内容や仕事について取材し、雑誌にして学生課の前などに配るということをしていました。

取材の魅力とは何なんでしょうか?

取材の魅力

まずは、自分がこれまで知らなかった世界を知れる。そしてその世界は実はかなり自分の人生に大きく関わっていることに気づける。
また、かっこいい大人に会う中で、「将来こんな働き方をしたい」「仕事はやりがいがあるもの」など様々なイメージを膨らませることができる。
情報源に触れることができる。

そして記事を執筆するという作業を通じて、自分の理解したことを読者に分かりやすく、取材先の魅力が伝わるようにするためには事前に準備をすることの大切さや、主観だけでなく客観的に物事を見ることができる!などなど・・
取材があまりにも面白すぎて、刺激的で、夜取材のことを考えすぎて眠れないってことがよくありました。
今もあります笑

現在私が取材してきた数は、学生時代に40名。そして新しく立ち上げたFUKUOKA RUNNERSでは25名。
今月1名と5月に2名取材が確定しています。非常にご多忙の中お時間を頂き、とても感謝しています。
学生時代に活動していた取材活動。
この活動を社会人になって再開したのにはある理由がありました。
FUKUOKA RUNNERSをなぜ立ち上げたのか?
また次回ブログにアップします。
それでは良い一日を^^
吉原さん

2 Responses to “取材のことについて語るときに僕の語ること その1”

  1. 菊地翔平 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    中尾さん!
    Fukuoka runnersに関われて本当に感謝しています。
    というか、中尾さんと関われて本当に感謝です!
    Give&Giveの最強な師匠として中尾さんが僕の中で
    君臨しています。
    僕も中尾さんにGiveできるように
    恩送りはもちろんですが、
    恩返しをさせてください!!
    これからもよろしくお願いいたします!!!!

  2. 中尾利彦 より:

    SECRET: 0
    PASS: c361aba6319ba96b37f925e914386ef3
    菊池君
    コメントありがとう!!!
    そういってもらえると嬉しい限りだよ^^
    僕も一所懸命に試行錯誤しながら菊池君と活動できていることに感謝してる。
    こちらこそこれらもよろしくお願いします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ