RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

わたしたちが やるべきこと ~これからの精神保健~

16105898_1243866392348453_8972603187291243830_n

全国団体の“あみ”(全国精神障害者地域生活支援協議会)と西南学院大学舘ゼミナールのコラボ企画です。

2月4日(土)に西南のコミュニティセンターでセミナーを行う運びとなりました。

相模原の事件についても、あえて突っ込んで議論する予定となっています。

今回、遠方は北海道から講師の方が福岡に集結します。

テーマは「人権」となりますが人権といっても堅苦しいものではありません。

誰にも共通する権利として当たり前の権利として

支援の根幹においても“人権”はとても大切なキーワードだと思います。

当日はセミナーだけでなく、特別展示企画としてドイツの写真展示や物販等も行う予定です。

セミナー自体は一日通して開催されますが、もちろん途中参加や途中退席も可能です。

ぜひご都合の良い方はご参加ください。

私も会場でお待ちしています。

それでは詳細です。

セミナー詳細

会 場

西南コミュニティーホール(福岡市早良区西新6-2-92西南学院大学内)

時 間

2017年2月4日(土) 9:30開場/16:30終了

定 員

120名

テーマ

わたしたちが やるべきこと ~これからの精神保健~

参加費

会員:1,000円 / 一般:2,000円 / 当事者・学生:500円

申込み方法

下記のリンク先のPDFを印刷してFAXで申し込みください。
※参加ボタンを押しただけでは申込み完了とはなりません。
http://www.ami.or.jp/wp-content/uploads/2016/12/2016follow-up_4.2.pdf

申し込み〆切

1月30日(月)

 

タイムスケジュール

9:30〜 <<会場>>受付開始

10:00〜 開会 /主催挨拶

あみ活動報告/村上大作 NPO 全国精神障害者地域生活支援協議会 理事

10:30〜 行政報告

吉野 智氏(障害福祉課 地域生活支援推進室 障害者福祉専門官)

11:30〜 昼食

12:30〜 講演

『これからの精神保健を担う方々へ〜伝えたいこと〜』
伊藤哲寛 氏(北見赤十字病院 精神科医)

14:00〜シンポジウム

『人権を守る〜病院に街の風を〜ともに暮らせる地域(津久井ゆまゆり園の事件にもふれて)』

コーディネーター
伊澤雄一 氏(あみ代表)

シンポジスト
伊藤哲寛 氏(北見赤十字病院 精神科医)
野林信行 氏(野林信行法律事務 弁護士)
永山盛秀 氏(一般社団ハーネスセンター 地域活動家)

16:15〜 熊本地震報告

戸高洋充 NPO 全国精神障害者地域生活支援協議会 副代表

16:30 閉会あいさつ

前日に前夜祭も開催します。もし御酒の席もよかったら、気軽にご参加ください。
2月3日(金) 18:00~ <前夜祭>「居酒屋 じゃがいも本店」

主催

あみ(全国精神障害者地域生活支援協議会)
http://www.ami.or.jp/

協力

西南学院大学舘ゼミナール

研修会事務局 /お問い合わせ

一般社団法人 てとて(担当:村上)

TEL・FAX:092-334-3061

ELFADSC03659_TP_V

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ