RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

「やる気」を上げるよりも先に下げない方法を考えよう

部下や後輩のやる気を上げるために

どのようなことに取り組めばいいだろうか?

と日々頭を悩ませている管理者や先輩方、いらっしゃるのではないでしょうか。

プロであれば、やる気に左右されているようでは甘いよ!

と言われそうですが、

僕は、やる気はエネルギーの源で

少なからず生活の質に影響を与える大事なもの

と考えています。

しかし、やる気が上がる取り組みをしたとしても

下がるような要因があると、

上がる情報や体験に触れても、やる気は上がりにくくなります。

その情報や体験をシャットダウンしているからです。

今回はやる気を下げる要素を排除することがなぜ大事か?

そして、やる気を下げる要因になる事例等を紹介します。

やる気が下がるポイントを押さえよう

例えばどれだけ好きな映画を見ても、

気分が乗らないときは、面白く感じないのと一緒です。

平常の状態であれば、

その好きなことや、やる気の上がるような声掛けに対して

向上していくことになるでしょう。

まずは、どのようなポイントでやる気が下がるかを知ることが先決です。

人によって、やる気が下がるポイントは違います。

組織だけでなく、個人でも同じことが言えます。

自己やる気管理

寝坊して、バタバタ準備するとやる気が下がるスパイラルに陥りませんか?

これは僕だけかもしれませんが。(笑)

バタバタ準備したときというのは、

何か忘れ物をしてしまったり、

イライラが募ってしまう可能性を秘めています。

僕は「不要なストレス」と呼んでいます。

必要なストレスもありますので。

何事も余裕をもって取り組めるように30分前行動を習慣づけることが

やる気や上がりませんが、

やる気を下がる要因を取り除くことになります。

もちろん、早めに行動することでやる気を上げる時間に使うことができます。

僕だったら、ランニングや筋トレをして一日の計画を立てるようにしています。

大事なのは、

自分がどんな時に、やる気が下がるかを振り返ってみることです。

人は無意識のうちにやる気が下がっているなんてこともあるからです。

やる気が下がる要因事例

僕の場合は、誰かから言われてやることが、すごくストレスになります。

宿題をやろうと思っていた小学生が、母親から

「宿題やりなさい!」

と言われてやる気がそがれるように。

僕も皿洗いをしようと思った時に、

「皿洗いしてね!」

と妻から言われるとやる気が下がってしまいます。

「いまからやろうと思ったのに、わぁーーーー!(怒)」

ってなります。

※この記事読まれたら確実に怒られるので、

妻には内緒でお願いします。

だから、早めに着手するようにしました。

そうすると

「皿洗いしてくれてありがと!」

と感謝の言葉に変わりました。

さらに皿洗いする時は、好きな音楽を聴くようにしているので、

今は、やる気は向上しています。

きっと言われてやる気が下がった状態で音楽を聴いても、

やる気が上げることは僕にはできません。

フォトスコット・アムスタットUnsplash

不要なストレスを取り除こう

やる気が何によって下がるかを知り、

そして対策をしていくこと。

やる気を上げることを考えるよりも下がらない方法を考えることが

良い気持ちを保つためには必要なことと言えるでしょう。

さあ、不要なストレスを取り除こう!!

関連記事

感情を整理する方法 | RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

あああああああ! 思うように行かなくて、 何もしたくない憂鬱な気分。 ちょっとした確認不足で他の人に迷惑をかけてしまったのだ。 前日は、友だちと遊んで気分は最高潮のはずだったのに 次の日は、ソファに寝転がり無気力な状態のNくん。 そう、僕が過去に体験した出来事だ。 こんな風に感

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ