RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

あまり知られていない?九州本土最高峰の九重連山の「中岳」の魅力と今日の山ごはん

いきなりですが、九州本土最高峰の山って知っていますか?

日本一は富士山と答えられるけど、九州の人でもあまり知らないんじゃないでしょうか。

タイトルに書いちゃっていますが、九重連山の中岳(1,791m)。

離島も含めると屋久島に宮之浦岳らしいですが、

九州に住んでいる方であれば九州本土一を体験してほしいものです。

ということで先日登った際に気づいた中岳の魅力を紹介します。

距離は結構歩きますが、

平坦な道がずっと続く山ですので

初心者であっても登りやすいですよ。

初心者が登る前に知っておきたいこと

準備するもの

そもそも何を準備するかもわからない人のためにあったほうがいいものを紹介します。

・運動靴(滑りやすいので、できれば登山靴)

・水分補給できるもの

・塩分補給(汗かきますから)

・タオル(汗かきますから)

・帽子(日陰が少ない山なので)

・長袖(夏でも頂上寒いですよ)

登り始める時間・場所と掛かる時間

さて、持っていくものを準備できたら後は、現地に向かうだけです。

できれば現地には7時半ぐらいには到着できるようにしておきたいです。

なぜなら駐車場すぐに埋まります。

登山口は長者原という場所より、

初心者であれば牧ノ戸口がオススメです。

僕たちのコースは中岳から長者原方面に下るというコースでした。

食事の時間を含めると8時間ぐらい掛かりました。(食事1時間)

九重連山の魅力

九重連山「中岳」登山の魅力を今回は3つ紹介します。

九州本土最高峰

一つは九州本土最高峰を登ったという達成感!

九州本土であれ、一番高いところですからね。

そこから見える景色は格別ですよ。

連山なので、

いろんな山がてっぺんから見えます。

ちなみに、15分ぐらい歩いたところに天狗ヶ城というところもあるんです。

坂道は急で滑りやすくはありますが、

すぐ頂上にあがれるので

達成感を短時間で二度味わえるのでオススメ。

ミヤマキリシマがキレイ!!らしい

2つ目は、今回登った時期が少し早かったので蕾しか見れませんでしたが

山頂にはすごい数のミヤマキリシマ(花)があります。

5月下旬から6月上旬には咲き誇り、登山客で賑わうようです。

今回は以前登った、雲仙のミヤマキリシマの写真を載せておきます。。

中岳山頂近くであるものが見える

中岳山頂の近くで見えるもの。

それは、、、

湖です。

これまでいろんな山を登ってきましたが、

これだけ高い位置に大きな池があるとは知りませんでした。

名前は御池。

感動すること間違いなし!

今日の山ごはん

最後に最近登山の時に欠かせないものとなっている山ごはんを紹介します。

今回のメニューは「ちらし寿司と生姜焼きと焼き椎茸」です。

事前に作っていた弁当を食べるのも美味しいですが、

山で作って一番美味しい時に食べるご飯は格別ですよ。

近九州本土で一番高いところにある法華院温泉というところの隣にある小屋で調理しました。

(バナー類は各自で準備が必要です)

生姜焼きは事前にジップロックにタレを染み込ませてもってきていました。

省略できるところは事前に仕込んでおくとスムーズかつ味が染みててうまいです。

(僕は何も準備してきていませんでしたが、、感謝です)

椎茸はそのまま焼きます。

塩でそのまま食べても醤油につけても美味。

ブログを書きながら、思い出すだけでヨダレが出るレベル。

そして

盛り付ければ完成!!!

ちらし寿司にアボカドってめっちゃ合うんですよね。

びっくりしました。

ビールもすぐ近くで買えますので、

運転手じゃなければ飲んじゃってください。

下山のことは頭の片隅には入れといてくださいね。

いかがだったでしょうか?

下山してから牧ノ戸口までは長者原からバスが出ています。

駐車場からすぐのところに温泉もありますので、

温泉に浸かって帰れば充実した一日になること間違いなしです。

後半はほとんど食べ物のことになっちゃいましたが

九州本土最高峰、九重連山の中岳ぜひチャレンジしてみてください。

以上、中岳の魅力と今日の山ごはんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ