RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

ねんパラピック

ねんパラピックはLOCAL GOOD FUKUOKAから生まれたプロジェクト。

LOCAL GOOD FUKUOKA

地域に暮らす市民や企業、団体が地域のことに意識を持ち、できる範囲で、サービス、モノ、カネ、ヒト、情報の循環をつくっていくことを目指すウェブサイト。

このLOCAL GOOD FUKUOKAがスタートと同時に「ねんパラピック」企画のクラウドファンディングをスタートさせました。

5月20日に福岡のスタートアップカフェでLOCAL GOOD FUKUOKAのイベントが開催され、

そこで「ねんパラピック」の想いを発信させていただきました。

その様子をqBiz 西日本新聞経済電子版でも取り上げていただきました。

福岡の課題、ウェブで共有+資金調達 NPOが開設

73364

 

ねんパラピックとは

『共生』という当事者が望んでいる社会が実現することを期待し、

福岡市民の方に今改めて考えてもらえるよう、高齢者、障がい者、若者が一緒に競い合う大運動会「ねんパラピック」というプロジェクトを企画しました。

ねんパラピックはスポーツを通じて高齢者の健康の向上や社会参加を促す「ねんりんピック」と、障がい者スポーツの大会「パラリンピック」を合わせたイメージの運動会です。

クラウドファンディングでは37万円のご支援をいただき、今プロジェクトを試行錯誤しながら計画している最中です。

単発のイベントをやって自己満足で終わらせない為に何度も何度も話し合いを重ね

何のための企画なのかを常に問い続けて進めています。

11354747_10206535482373239_2007096844_n

 

開催日程

日時:2016年2月6日(土)11:00~15:00(終了しました)

場所:福岡市民体育館

対象者:65歳以上の方、障がい者手帳をお持ちの方

種目:卓球・ボッチャ・フライングディスク・リレー

体験ブースや体力測定ブースもあります。

スタッフも募集中です。

ボッチャとは

まず「ジャック」と呼ばれる白いボール(目標球)を投げ、後から赤いボール6個と青いボール6個を交互に投げ合い、いかに「ジャック」に近づけることができたかを競う競技。
https://www.youtube.com/watch?v=sZqkdqH29_w

フライングディスクとは

フリスビーを投げて5m先のフラフープの真ん中を通過させる競技。
0.61mの高さに設置された0.915m(フラフープ大)の鉄製の円形部の的を使用します。
スローイングラインは1か所で、10投のうち何投が的を通過するかを競います。距離は5mもしくは7m
https://www.youtube.com/watch?v=XdwOXZm7w6M
※1分20秒からルール説明

申し込みについて

申し込みフォームから登録してもらう

もしくは

nenpara@gmail.comに

①名前

②住所

③電話番号

④緊急連絡先

⑤出たい種目

⑥区分 下記から選択
(高齢者60歳以上・障がい者・青年30歳未満)

を書いて送ってください。

20150717050033

 

メインロゴについて

WS000009

ノーマライゼーションブルーバード

包み込むような翼のフォルムは

あらゆる障壁を丸くまるく包み込む優しさをイメージし

その優しさを他待ちながら天へ飛び立つ青い鳥は

世代差・障がい・健常に関係なく

人々が立ち止まらない

活躍する姿を象徴しています。

 

大会スケジュール

10時30分 受付開始

11時10分 開会式(Aコート)

11時20分 ウォーミングアップ(Aコート)

11時40分 前半競技開始 ボッチャ(Bコート)

12時20分 フライングディスクスタート(Aコート)

13時   休憩(弁当は12時頃に搬入)
タンブリング
ゆるキャラ宣伝
スポーツ協会の宣伝
声出し各チーム

14時   後半競技開始 卓球(Bコート)

14時50分 リレー

15時10分 表彰式(総合1ー3位まで各チームの得点の多さで表彰)

15時20分 閉会式

20160211103405

 

MC

ボンボ藤井

943948_945598832174952_7699728771385052629_n

右側の方です!

プロフィール

BSW(ボンボサウンドワークス)代表
ボンボ藤井
熊本県を拠点に活動する
サウンドクリエイター。

その他に、ウクレレプレーヤー・ウクレレインストラクター・中学校音楽講師・ラジオDJ等の顔も持つ。
熊本県八代市出身。
九州新幹線全線開通記念行事としてくまモンをキャラクターとするキャンペーンのテーマ曲
「くまもとサプライズ!」の作詞作曲編曲を手掛ける。
ウクレレプレーヤー、Jake Shimabukuro日本ツアーのウクレレサポートアクトとして抜擢され、同じステージに立つ。

代表作

●テーマソング
熊本『くまモン』
鞠智城『ころう君』
八代『とまピン』
宇土『うとん行長しゃん』
●CMソング
藍のあまくさ村
味岡建設
カネリョウ海藻
靴のテヅカ
JA熊本果実連『ジューシー』
シューリーズ
すし市場
つかさの湯
パチンコエンペラー
マルエイ
ロータス軽ステーション

コメント

コメント 新しいものにはすぐ飛びつき、何でもやってみないと
気がすまない、そんな性格の人を、僕の住む熊本県では
『わさもん』と呼びます。
『どうにかなるさ』や、『なすがまま』や『ケセランパセラン』や・・・
『人間、なるようになる』的なニュアンスを熊本弁で
『どぎゃんか なっど』と言います。
僕はこの二つの熊本弁が大好きです。
そして、
僕はこの二つの言葉どうりに生きてきて、大人になりました。『好きな事』=『仕事』
誰もが憧れて止まない永遠のテーマですが、僕は、こうありたいと思っています。
わさもんスピリッツで前進あるのみ。
ま、どぎゃんかなっど(^^)

 

安全面への配慮

団体で1日スポーツ保険に入会します
福岡市障がい者スポーツセンター(さんさんプラザ)よりスポーツ指導員が来られます
看護師・整体師の方がいらっしゃいます
サブコンテンツ

このページの先頭へ