RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

パズドラってどんなゲームアプリ?あまりに面白すぎて削除した

バスや電車に乗ったら、ほとんどの人がスマホを触っている光景を目にする。

その中でもスマホゲームはここ近年増えているように感じる。

特にカラフルなテトリスっぽいゲーム。

友だちが隣でやっていたので聞いてみるとCMでもガンガン宣伝しているパズドラだった。

パズドラってなんだ?

パズドラっていうのは、『パズル&ドラゴンズ』の略称。

ガンホー・オンライン・エンターテイメントから配信されているiOS・Android・Kindle Fire用ゲームアプリだ。

パズル×RPG

名前の通り、パズルゲームとRPGを融合させた内容となっている。

なんと4周年を迎えて4400万ダウンロードされているとのこと。

驚きのユーザー数!

子供はもちろんのこと大人も夢中になっているみたいだ。

一体何が面白いのだろうか?

大人も夢中にさせるこのパズドラというものを実際にやってみたら自分はどうなるだろう?

という好奇心から実際にやってみることにした。

gorimobile20160729062216_TP_V

面白いものを融合させた究極のゲーム

ゲームアプリ自体が初めてなので、対比はできていないわけだけど

とにかくユーザーを夢中にさせる要素がいくつもあるゲームだった。

ドラクエやファイナルファンタジーのように仲間のモンスターと一緒にダンジョンに入る。

戦う方法がパズルゲームなのだ。

連鎖をさせると大ダメージを与えることができる。

簡単に勝てるわけではなく、時々負ける。

ステージをクリアすればまた上のステージがあっていくから

自分の人生も前に進んでいるんじゃないか?という錯覚に陥っていた(汗

さらに、モンスター同士で融合させたりもできるポケモンの要素もある。

ピカチュウが雷の石でライチュウに進化するように。

まさに面白いものを融合させた究極ゲームといえるだろう。

0から新しいものを作り上げたのではない。

これが無料って、、、流行するわけだ。

キャラクターも魅力的

さらに夢中にさせる理由がある。

ダンジョンを手に入れることのできる魔法石というものを集めるとガチャガチャができる。

このガチャガチャで手に入るモンスターはレアモンスター。

有名なアニメのキャラクターも手に入るのだ。

ドラゴンボールやクローズ、その他にも誰もが知っているキャラクターが登場する。

魔法石はなかなか手に入らない。

だけど課金すれば手に入るということでユーザーは課金するのだろう。

課金する人の気持ちが少しわかるような気がした。

個人的にはドラゴンボールのゴハンが欲しかったな。

面白すぎたので削除することにした

2日間やってみてプレイ時間はなんと6時間。

1時間が10分ぐらいに感じるぐらいのめりこんでいた。

『1日ゲームは1時間にしましょう』とパズドラのゲーム画面でアドバイスされたけど

そんな忠告を聞く自分は、そこにはいなかった。

このままやり続けるとゲーム漬けになりそうだったので

朝、起きて「えい、やーー!」と気合を入れて消した。

レベル上げして育てたモンスター達さようなら。。。

大切な走る時間、読書する時間を失いたくない一心だった。

一見百聞にしかず。

自制できる方はぜひ一度やってみてみてください。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ