RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

死ぬ瞬間の5つの後悔とは?後悔しない生き方を考える

いきなりですが皆さんは、死ぬ前にどんなことで後悔すると思いますか?

もし明日が最後の一日だったら、何を思い残すでしょうか?

それとも「悔いない」と言い切れるでしょうか。

先日、ラジオで「死ぬ瞬間の5つの後悔」という本の紹介がされていて聴きいってしまいました。

作者はブロニー・ウェア。

介護職について終末医療に携わっているときに、

死んでいく人たちがどのようなことで後悔をしていたか綴ったものです。

今回は死ぬ瞬間の5つの後悔を知ったうえで、どのような生き方をしたいか改めて考えていきたいと思います。

死ぬ瞬間の5つの後悔とは?

では、実際にどのようなことで後悔するかを見ていきましょう。

死ぬ前に後悔することは、下記の5つです。

もしかしたら、当てはまっているわー!

って思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

特に僕が後悔する可能性がありそうなのは、他人の期待に従って行き過ぎること。

承認欲求が強いので、誰かの意見に引っ張られてしまったり流されたりしそうです。

自分に正直な人生を生きれば良かった。。

そうつぶやくことになるのでしょうか。

正直な人生とは?

じゃあ、果たして自分に正直な人生とは、いったいどんな人生なのでしょうか?

そのことを問うところからスタートするような気がします。

僕は大切な人と過ごしたいという優先順位が高いことに気づきました。

家族で一緒にご飯を食べる時間。

そんな当たり前のようにある日常は、ずっと続くわけではありません。

だからこそ、一緒に過ごす時間は、他のことを忘れてそのひとときを楽しみたいです。

人は今のところみんないつか死にます。

その死ぬ瞬間はいつなのかは分かりません。

僕が後悔をするのは、きっとその時間を精一杯その人といることを楽しまずに別のことに気をとられてしまうことかもしれません。

自分を大切にするように同じように身近な人を大切にすること。

これが僕にとっては、大事なことのようです。

皆さんは、どんな生き方をすると後悔しないでしょうか?

自分の心に問いかけて、出た答えを大切にしてください。

後悔のない人生にしていきましょう。


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ