RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

半歩前を走ること。ランニング教室で成果が出せた理由

先日、障がい者スポーツ協会主催の
ランニング教室へ参加してきた。

前日まで続いていた雨も上がり
ランニング日和。

そんな日にスポーツ指導員の資格を取得したことで
晴れて先生としてランニングを教えることになった。

6年間、部活動に励み
社会人になっても走ることが大好きな僕にとって
こんなに嬉しいことはない。

それも平和台競技場は
大学生の時に一番走った場所だった。

その場所に戻ってこれたことも
大きな喜びだ。

20151215062124

 

ランニング教室、コーチ始動

さて、ランニング教室はというと
生徒は30名ぐらい参加していた。

生徒は中学生から高校生ぐらいまで。

念入りにウォーミングアップと
声を出しながら体操、
そしてストレッチをする。

ストレッチして気付いたけど
カラダが固くなっている。

現役の時も柔軟というわけではなかったけど
いまよりだいぶ良かった。

サボっていたことで
怪我しやすいカラダとなっていた。

反省。

風呂上りはストレッチを日課にしようと思った。

走ることが好きだ

その日のメニューは
200m×5本と
1200m×1本だった。

400mのトラックで200mをダッシュして
200mはウォークで戻る。

その時にいろんな生徒と話した。

陸上が大好きだ!って子ばかりで
いつかマラソンに出たい!と熱望していた。

興奮して話している姿を見ると
なんだか昔の自分を思い出す。

あの頃、昨日のタイムより
一秒も早く走りたくてたまらなかった。

タイムを縮める方法

高校の時から大学に入ってタイムが伸びた。

それには3つ理由がある。

まず走る量が圧倒的に増えた。

同じ熱量のチームメイトがいて
熱くていいんだ!と思わせてくれること。

そして自分より早い人と切磋琢磨することができたことだ

ライバルが身近にいるというのが僕にとっては
大きなモチベーションになっていた。

このランニング教室で僕は役割は先生として

生徒の言葉に耳を傾けること。

そして半歩前で走ることを心掛けた。

1200mでは常に生徒の半歩前を走った。

抜けそうで抜けない距離を保ち
時には抜かれるけど抜き返した。

これは僕が大学の時に先輩からしてもらっていたこと。

なんとか勝ちたい。

という負けず嫌いな性格が刺激されて
自分の限界値があがっていた。

届きそうで届かないぐらいのメンターを持ち
諦めずに追いかけること。

これが成果を出すために必要だ。

もう一度この笑顔が見たい

生徒のタイムも更新されていたらしく
白い歯を見せた笑顔で
次回もよろしくお願いします!と言われた。

彼は最後の最後まで諦めなかった。

この笑顔を見れた時、
僕は、とびっきり嬉しかった。

自分が速くなったときの感動と同じぐらいに。

初対面だった生徒と
最後の整理体操の時には打ち解けていた。

練習を通してもっと細かいところの指導ができるように
自分自身、走りを追求していきたいと心で感じている。

またあの笑顔と出会えるように。

今、走ることが本当に楽しい。

20151215062136

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ