RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

超短時間雇用が社会にある「障がい」を解決していく

働きたくても働けない。

これは、障がいの有無関わらずこれからより課題になってくる問題だと考えています。

障がいとは、一般的に認識されている本人にある身体・精神・知的障がいだけではなく

介護や子育て、その他にも就職活動に失敗した人、

自分のやりたいことができないというのも障がいの一つと言えるでしょう。

では、このような障がいある状況に置かれた場合、

働くことはできないでしょうか?

フリーランスで働くという選択肢もありますが、

まだまだハードルが高いと感じる人が多いのではないでしょうか。

また雇用され組織に所属するということは

自分自身の社会的アイデンティティを得る機会となります。

障がいを抱えている方たちが活躍できるようになると

いま働かされすぎていて悩んでいる人たちの問題を解決できることにもつながるのです。

今回は、東京大学の近藤先生の講義を受けて参考になった

社会にある障がいを埋めるためにはどのような課題、

そして課題を解決する短時間雇用とは何かを紹介していきます。

日本型雇用のもったいないところ

長時間労働が前提にある

以前に比べると認識が変わってきていますが

まだまだどんな成果を出したかよりも勤務時間がいかに長いかが評価基準になっています。

長時間働けない人は、そもそも雇用対象にならないという会社もあります。

そうなると、長時間勤務ができない子育て中の女性や障がいのある方は、

会社で活躍できるようなスキルがあるにも関わらず働けないなんてこともあります。

マイナスの要素があると不採用

日本の会社の特徴としては、

マイナスの要素があると採用に至らないケースが多いこと。

コミュニケーションが取れて、敬語が使えないなど

「社会人として当たり前のことができなければトラブルになりそうだな」

という判断をして採用しないという人事部の気持ちもわかる。

ただ、プログラマーで人とお客様と出会う機会が必要のない人に

そこまで求めなくても活躍できる可能性は大いにあります。

短時間労働の可能性

企業のなかで細かく仕事を細分化していくと

収益につながっている内容というのは何割ぐらいあるでしょうか?

雑務で、その人の専門性を活かしていない部分もあるはずです。

その部分を可視化させて、得意な人に任せていくと

収益につながるコアの部分に集中させることができます。

学校の業務でも

民間企業にいかに障がい者の方の活躍の場を作るか?

という話が多いですが、

僕は小学校など学校にも活躍の場があると考えています。

学校の先生の環境って両親や友人から聞く話によると

想像以上に大変で、公務員って18時には帰宅するイメージありますが

21時とか平気で残っています。

雑務が多すぎるのだと思います。

採点は先生がやらないといけないのか?

例えば、テストの採点作業は本当に担任の先生がしなければならないのでしょうか?

学校の先生の専門は子どもたちの教育です。

やる気をあげたり悩みを解決したりするなどリアルなコミュニケーションの部分にあるように思います。

丸つけをして子どもたちの間違いを把握したいのであれば、

エクセルで一覧にして把握できるところまで任せるといいですよね。

採点でコミュニケーションを取っているという声も上がるかもしれませんが

別の所でしっかりコミュニケーションを取れれば問題ないのではと部外者からすると思っています。

全てもしくは1学年の先生の採点作業を個室でしてもらえば、

実は4時間ぐらいで終わるかもしれません。

役割分担をして活躍の場を

障がいのある方のために仕事をつくるというものではなく

働き手が本来、力を注がなければならないところは何だろうか?

と考えて、そのなかで任せられるところを細分化していくことが大事だと思います。

これからの世の中どんどん人手不足となってきます。

その問題解決は皆さんでもできます。

ぜひ自分の仕事の専門性を活かしている部分が何か考えて

その部分を自分でやらずに任せて、自分の時間をつくっていきましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ