RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

時にはスローな旅もいいね!旬を楽しむ、おいしい糸島の冬

県外からだけではなく
福岡市内の人でも住む人も多い糸島。

冬は牡蠣で人が集まってくるらしい。

今回はそんな旬な牡蠣を食べる旅を楽しんだ。

そのあと行った食べに行ったプリンも
オススメなので紹介していこうと思う。

20151224082205

 

糸島に牡蠣食べいこ

登山であれば朝6時ぐらいからスタートする。

だけど今回は12時半というちょっと遅めに姪浜集合。

それから車で約40分ぐらいで到着した。

到着すると
既にたくさんの人が押し寄せていた。

牡蠣小屋はいくつもあって
それぞれにたくさんの人が並んでいる。

牡蠣が美味しくなるのは
11月~3月ぐらいまでの間。

栄養価が高く旨みがつまっていることから
海のミルクと呼ばれたりもする。

並ぶこと30分経って小屋の中に入れた。

入ると選挙事務所みたい笑

みんなオレンジ色のウィンドブレーカーを着ていた。

20151224082151

同じようにオレンジ色のウィンドブレーカーと
軍手を着用したら準備完了だ。

牡蠣が焼けるのをじっくり待つ

待っている時間もいい。

いぜ、席に着くと
牡蠣が届いた。

トングで網の上に乗せていく。

待つこと3分ぐらい。

牡蠣が開いたら裏返し
中身が焼けるまで
炭火でじっくり火を通す。

ポン酢につけて食べると
プリプリしていて美味かった。

ホタテもバターと一緒に食べると絶品。

あ〜幸せ。

20151224082537

イタリアンな食べ方も

後半はチーズとオリーブオイル
そしてバジルをかけて食べる。

すると
イタリアンみたいになってこれまたうまかった。

ぜひお試してみあれ。

20151224081438

他には牡蠣ご飯やみそ汁も付いてきて
これがまたいい味が出ていた。

寒い中、海の幸を小屋で食べるは
贅沢な時間だと思う。

20151224082931

 

糸島で有名な「またいちの塩プリン」工房とったん

続いてはデザートを。

いくつもデザートで
有名なところはあるけれど
今回は塩プリンを食べにいった。

またいちの塩という塩を
プリンにかけて食べるらしい。

入り口から手作り感があった。

20151224081614

行ってみると牡蠣小屋につづいて
沢山の人が並んでいた。

秘密基地みたいな場所だった。

製造を手掛けているのは、
糸島半島の突端にある
製塩所「工房とったん」というところ。

20151224081451

自然のなかでゆっくり過ごすということ

カフェもあって
オシャレな椅子がいくつもある。

コーヒーと
塩プリンを頼んだ。

プリンは花塩プリンというらしい。

20151224081544

口の中にプリンを入れてみると
塩がシャリシャリとしていて
まろやかな甘いプリンと見事にマッチしていた。

糸島のキレイな海を眺めながら
ゆっくりとした時間が楽しむことができた。

20151224081504

いつもはアウトドアで体を動かす休日が多かった。

だけど、時には自然を眺めながら食を堪能する
スローな旅もいいなーっと思った。

皆さんは、どんな旅が好き?

20151224081520

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ