RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

憶測で噂しない。事実を確かめたうえで推測して語ろう。

「ライザップの瀬戸さんと元カルビーの松本さんって仲が悪いらしいよ」

こんな風に本人たちが話している事実を知らないのに噂を鵜呑みにしては話されることがある。

しかし、その噂が本人たちにとってとても大きな損害につながることがあるのだ。

ただ、そのような渦中で本人に事実確認するというのも状況によっては難しい場合もある。

今回の230億円の黒字から33億円の赤字の状態に陥り、対立が起きている状態はまさに。

そのなかでNewsPicksは、取材を行い事実を確かめた。

それもどちらかではなく、両者同時にインタビューすることによって相違が生まれないようにしている。

これが大事なところ。

憶測なら語らない

瀬戸社長と松本さんの関係は、

世間では対立の構図に見えたとしても本人たちは信頼しあっているようだった。

松本さんは、

私と瀬戸社長との間では、全くありません。親子のような関係ですから。

という風に言葉を残されていた。

また赤字という事実だけでは、わからないこともある。

ビジネスモデルも多様化していて、戦略は当事者にしか見えないものもあるのだ。

受け手側の知識や経験がないから分からないだけなのに、

あの会社は終わったなんていっていると自分自身が信頼を失いかねない。

憶測と推測は違う

憶測と推測の違いをご存知だろうか?

憶測は、根拠となる考えがないのに語ること。

推測は、根拠となる考えがあって語ることである。

憶測で語る人は気をつけるようにしている。

そして、自分自身が憶測で語らないように意識している。

何か噂話に聞いた時に違和感があるのであれば、

鵜呑みにせずに根拠となる考えを聴こう。

憶測で誰かのことを語るほど、

相手に対しても自分に対してもマイナスに働くことはないからだ。

もし何かを相手に伝えるのであれば、事実を確かめたうえで語ろう。

きっと〇〇だろうと憶測で、物事を進めることほど怖いことはない。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ