RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

自由と孤独を勝ち取る!匠の羅針盤ー本気の「今」が導く未来ーに参加してきました

福岡中小企業経営者協会主催の『匠の羅針盤』に参加していきました。

匠の羅針盤は

福岡をリードする経営者や各界のスペシャリストたちから学び、

将来について考える参加無料イベント

昨日は、3日間連続で開催される初日。

テーマは『「創造せよ」思考は大きな武器となる』でした。

豪華ゲストずらり

ゲストスピーカーはかなり豪華。

・株式会社ライトパブリシティ
代表取締役執行役員社長 杉山 恒太さん
(世界で活躍し、トップを走り続けるクリエイティブディレクター)
※あの有名な「ぴかぴかの一年生の生みの親」

・株式会社サダマツ
代表取締役社長 貞松 隆弥さん
(想いをビジネスに。業界の枠を超えるジュエリーメーカー)

・Quantize
(クォンタイズ)
オーガナイザー 川野季春さん
代表取締役デザイナー 中村展子さん
(女性にときめきを提供する オートチュールドレスブランド)

そしてファシリテーターが株式会社グランドビジョン代表の中尾 賢一郎さんでした。

アイデアってどのようにすれば創造できるのでしょうか?

今回はそのイベントの中で印象に残った2つの言葉と

その時に感じたことを紹介したいと思います。

スクリーンショット 2015-09-10 11.46.05

 

アイディアとは先にあるものではなく既にあるものを如何に引き出すか

テーマが想像ということがあり、

ゲストスピーカーの方にはアイデアに関する話がメインだったように思います。

そのトークセッションの中で、アイデアを生み出すのは簡単?という質問に対する杉山さんの言葉が響きました。

その言葉は「アイディアとは先にあるものではなく既にあるものを如何に引き出すか」。

元々自分の中にあるものからしか、アイデアは生まれないということです。

インターネットからの情報ではなく、自分の中に記憶されているもの。

経験や知恵が結びついて生まれるものなのだそうです。

そして重要だと思ったのは、

貞松さんの「デザインとは形や色ではなくて考え方」という言葉です。

また「何を伝えたいものがあってこそアイデアが生まれる。

伝えたいものがなければ、単なる思い付きである。」

この言葉も的を得ていると思いました。

思いつきを実行したところで満足するのは自分自身だけかもしれません。

しかし誰かに届けたい何かがあれば、そこに誰かの笑顔・喜び・感謝が生まれるものだと思います。

杉山さんのクリエイティブマインドという本の中でこのように話されていました。

テーマ(伝えたいこと)をロジカルに追いつめて、追いつめ抜いたその先に、
ロジックを越えて生まれてくるのが本物のアイデア。

どのような人や世の中をイメージし、

そこで描いたストーリーを自分の中に既にあるものを如何に引き出すか

アイデアを作るうえで必要だと気づきました。

「あっ!!」となるような、閃きが生まれる時は考えと出会えるようなテーマがあってこそです。

 

自由と孤独を勝ち取れ

もう一つ響いた言葉は

自由と孤独を勝ち取れという言葉です。

最近自分自身が「ねんパラピック」「シフク」など、

主導でプロジェクトを運営する機会が増えて感じていたことでかなり共感しました。

誰か助けてくれるだろうとか、そこを前提に進めていても全く前には進めませんでした。

まずは自分で決断すること。

何のためにやっているのか見えなくなると空虚感で押しつぶされそうになります。

その先にあるものをイメージし、今を味わうことが大事だと実感しています。

上司など誰か自分の上で指示する人がいないというのは自由かもしれません。

しかし、自分で考え抜かなければなりません。

失敗したとしても自己責任。

相談すらできないことだってあるでしょう。

あの、ゆるキャラふなっしーも

「一人でやって自由なんだけど、常に孤独感はあるなっし。でもその孤独感が自分を強くしているような気がして…。自分に酔っちゃてるなっしー」

と阿川佐和子さんとの対談で語っていたそうですよ。

今回の勝ち取るということは結構ふなっしーと心情は近いと感じました。

誰かがワクワクしたり幸せになるということを心から臨み

自由や孤独を楽しむという決意の込められたポジティブな言葉だと思いました。

自由と孤独を勝ち取ること。

まだまだ経験は及ばず杉山さんが発している背景を感じ取ることができているかはわからないですが

とてもその言葉がずしんと胸に残りました。

初めはみんなタマゴだった

勇気づけられたのはどんな巨匠も、初めはみんなタマゴだったという匠の羅針盤のメッセージ。

最初からすごいことができたのではなく、小さな積み重ねの結果だということです。

僕だって、皆さんだって今の自分次第で未来は変わります。

今日も含めて残り2日間開催される匠の羅針盤。

ぜひ足を運ばれてみてはいかがでしょうか?

満席らしいですが、問い合わせてみたら入れるかもしれませんよ。

ちなみに下記の写真は最近読み始めた本。

アメリカの自動車王ヘンリー・フォードヘンリーフォード生涯をつづった藁のハンドル。

新しく何かを始めた人の生き様から自由と孤独を読み取れればと思います。

20150910114046

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ