RUNNERS HIGH -福祉のミカタ-

歯がない・・!!自転車から転倒、宙を舞い地面に顔面激突!あの瞬間のことを今、振り返る。

いきなりだけど、みなさんは歯を大切にしているだろうか?

大切なものはなくなった時に気づくものだ。

1年2ヶ月前の出来事。

僕は前歯を2本失った。

そして差し歯になった。

無意識であまりわからない人もいるかもしれないけど

前歯ってかなり使う。

最初に口に入れる瞬間、前歯で少し細かくしてから口に入れるようにしている。

今回は前歯を失った僕の二の前にならないように

大事な前歯をなぜ失ったのか?

前歯を失ったあとの対処。

それから、どうすれば前歯を折らずにすんだのか?について記そうと思う。

20150417054051

 

大事な前歯をなぜ失ったのか?

2014年1月27日の23時過ぎ。

僕は歯を折った。

原因は自転車から落ち、顔面から地面に突っ込んだからだ。

僕は早く家に帰りたいという気持ちいっぱいで自転車を漕いでいた。

1月の夜ということもあって寒かった。

夜遅くであるにも関わらず、車が横を通り過ぎていくから

スピードの出る状態で歩道あがろうとした。

すると段差に対して自転車の車輪が変な角度で入ってしまった。

気付いた時には宙に舞っていた。

そして顔面から叩きつけられた。

舌を歯を触れようとしたら隙間があった。

その時に気付く。

「歯がない!!!」

これは夢なのか?と一瞬疑ってみた。

夢であって欲しかった。

けど、顔や手の痛みが夢ではないと教えてくれた。

大げさかもしれないけど、人生の終わりにさえ思えた。

25歳にして差し歯??

いやだ。

なんでこんなことに。

PAK66_jitensyahodou20140102500

 

前歯を失ったあとの対処

まずは家に帰宅することを急いだ。

最初は顔や手の痛みでマヒしていた歯もだんだんと痛みが増してくる。

自転車は叩きつけられた衝撃でカゴがボロボロの状態にはなっていたけど

それどころではなかった。

家に帰ると弟が「え、やばいやん!」

って顔みた瞬間に反応して

それから現場に戻って車で歯を探しにいった。

車のライトとI Phoneのライトで照らして探してみたけど

全くどこにあるのかわからなかった。

この光景は今思えば滑稽だけど、あの時は真剣だった。

歯医者は慎重に

12時を過ぎていたので、きっとどこの歯科も空いていないだろうと思っていたら

空港の近くで24時間空いているお店を見つけた。

このような緊急事態では、選択肢が少なく

判断も鈍る。

どこでもいいから早めに対処することが先決だと思い、僕はそのお店に向かった。

この痛みを忘れないようにしておこうと思い、そこで写真を撮った。

治療したものの差し歯が届くまでには時間がかかる。

この前歯がない生活は非常に不便だった。

少しでも噛まなければならないものは避けた。

歯が抜けるとより間抜けに見えた。

治療期間は3ヶ月前後。

とうとう差し歯に。

あの時、もっと真剣に選ぶべきだったのは歯医者さん。

あまり言えないけど、慎重に選ぶ必要があった。

治療が終わってからも痛む時はある。

あれからより歯を磨く時間が長くなったように思う。

a0027_002779

 

あの時どうすれば歯を折らずにすんだのか?

終わったものは仕方がないので

これからあのような失敗を繰り返さないようにしようと思う。

というよりも、今回はたまたま歯であっただけで

他のことにも通じるものかもしれない。

今回の失敗は避けられなかったのかというと避けられたと思う。

どうすれば避けれらたというと、

ヒヤリとした瞬間に、その行動をとらないと決断すること。

自転車でこれまで幾度となく、同じような場面はあった。

でも、

「あ~、危なかった」

で終わらせてきたのだ。

成功の裏には幾つもの努力があるように

失敗の裏にもその要因になるようなことは幾つもあるのだ。

これは今回に限ったことではない。

他にも当てはまるものだろう。

PAK74_ametojitensya500

 

大切なものは失った瞬間に気付く

歯を失ってから如何に歯が大事か気づかされた。

なんでも失ってから気づくものだ。

だけど、今回失った時にもう一つ気づいたことがある。

それは・・・

身近な人の大切さ。

自分のために弟が試験前日で夜12時あるにも関わらず行動してくれたこと。

親の対応など、自分のことのように考えてもらえたことは嬉しかった。

上手くまとめてしまうようだけど、怪我して今は良かったとさえちょっと思っている。

今、振り返りながら失う前から、その大切なものを大切にしたいと思った。

KAZ86_namiuchigiwa500

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ